動画(Youtube)

Loading...

2017年5月25日木曜日

じじいの薬指



タンギングが過ぎて筋肉の疲労から声帯に支障が出たという命がけで挑んだ先日のリサイタルの後、即、北近畿に移動してから3日に亘り、これも大切な小学校公演を5公演で千人程度に演奏を届けた。
調べるに児童全てがジャーマン式の楽器を所持。未だにバロック式、イギリス式の浸透率が全く無い、百パーセントだ。教育世界の側面を見た。


週末には地方とスタジオ。月曜には4コマ、火曜は教室にグループ、水曜はバロック奏法論を含む2コマの授業で満身創痍ナウ。人間はどうなるかというと、

自宅のピンポンチャイムに慌てて出ようとして、チェンバロの足に左足がぶつかり骨折か!と思う程の怪我。これほど憎い楽器があるかと。自宅の大きなチェンバロのせいだ!
紫の内出血ナウ。これは老化だろうか。

紫に腫れた薬指



明日は教育大に行くし、なまじ髪の毛があるため間を見て散髪までにもマストで行かねばならぬ。
合奏発表会に向けての教室をこなし、来週末は依頼セミナーで数日離日する。


仕事があるのはありがたいが、スキルを相手に合わせる事が脳科学的に存外難しい。
音楽用語や英語、ドイツ語などが使えないなどの制限にも気をつかう。

教育大の教員養成課程に於いては実は音楽用語は良いとしてドイツ語は使えない、例えば
Aは「アー」か「エー」「ラ」であり、Eは「エー」か「イー」「ミ」となるのだ。メジャーはドゥアーか長調で、マイナーはモールか短調。


音楽専門系大学も優秀なパーソナルの揃ったクラスは鑑真や諸葛孔明の名言も通じるが、そうではない所は生物としての反応すら無いので、テレビの英会話講師のごとく「はいっ」と自分でまとめたりしなければならない。しかも驚愕の低所得が続く。オリンピックや慰安婦以前の問題だが多分最大のタブーなのだろう。周りの友人をはじめ、絶対に音楽進学を阻止するはずだ。公務員が良い。


よく、気を遣っていますね、と言われるが、いかにも仕方ない。時代も変化している。
「謙虚」で「高い技術」を維持し続ける事が私のプロの美学ですから、人として気をつかうだろうし、それは悪い事ではないだろうし。我が道を行く。とにかく演奏家は「実際に吹けてなんぼ」だ。で、相当練習はしているし、暇だった頃にしていた。



でも指が痛いことで頭がいたいが、手で無かっただけ良いと考える。




2017年5月21日日曜日

encole 1



先日のリサイタルでのアンコールをご拝聴頂けるようにしました。

アレンジは友人木村知之氏に依頼したもので手前で制作。
恐らくこの形態で演奏したのは日本初だったかもしれません。

ご覧になって見てください。

https://www.youtube.com/watch?v=1jjmnvOb41Q


J.S.バッハ: 最愛なるイエスよ、私たちはここにありて BMW.731

2017年5月15日月曜日

リサイタル



リコーダーエクスペリエンスのスペシャルを、53歳最後の日に無事終了しました。

実に満員のお客様に見守られつつ、少し無茶な協奏曲のフルマラソン?的なプログラムを
組んでしまい、少々自分の年齢を考察せよ、と痛感。
タンギングの連続に首筋の筋肉が痛みます。

ある意味、ヴィルティオーゾ的、しかし少しアホらしいフレーズにも翻弄されつつ、
1700年代に完成していったテレマンの作風の変化を感じて戴けたかと思っています。



ヒストリカルにインフォームドなパフォーマンスも素敵なメンバーの協力や勉強と相互理解に寄って成功したかと感じます。
即ち、作品芸術力が演奏アプローチを選ばないという事でしょうか。
アンコールのバッハ、ヘンデルでのミュート奏法ではそれをより実感して戴けたかと思います。

藤木さん、林さん、佐藤さん

山田さん、秋山麻子さん、庄治さん

モダン奏者でも若くて優秀な人は古楽を経験していたりしていてスムーズ。
いつの間にか私がいちばんのジジイになっておりました。




普段に接点など無くともやる時(特に本番は)凄いメンバーの方々。

技巧作品演奏には年をとり過ぎましたが、更に鍛えてもう数年は頑張ろうを思います。
ドイツの作品のそれはフランス作品にある独特な風味や味付けとは相当異なるため、何よりフィジカルな強化訓練が必要かと。

アンコール前にだけ少しおハナシをば



何より協力を下さった強力な若手奏者の皆さん、お運び頂きました満員のお客様、側面支援下さった皆さん全ての方々に深く御礼申し上げます。



2017年5月9日火曜日

完売



14日のリサイタルについてですが、

前売りのチケット枚数が完売となりました。
当日のためには10数枚程のご用意があります。

誠にありがとうございます!