動画(Youtube)

Loading...

2016年2月29日月曜日

休暇



毎度、泥のように働いて、休日など無い日程とは言え、では他の安定職との違いは盆と正月以外に比較的スパンの長い休暇を取る事が自分次第で出来る点は良しと考える。

今回は、毎年恒例のインドネシアは控え、身内のたっての希望である「ハワイ島」をめざして関空ナウである。

非常に珍しく、アメリカ方面に搭乗するのだが、即ち夜に飛ぶことになり、前泊などが無いため妙な緊張感がある。

愛犬を預け、早めに空港に向かう。
ハワイアン航空のカウンターには3時間前にも関わらずひとだかり。
やっておいて良かったウェブチェックインで順番をあちらが飛ばして呼びに来てくれたのはご機嫌な始まりだ。本来の次の老夫婦は意味がわからず戸惑っていらっしゃいました。

今回はエコノミー・コンフォートというエコとビジネスの中間クラスで飛ぶ。
わずかな金額で広い空間と優先搭乗、アメニティが提供されるようだ。

21時に飛ぶとして、日本のあすの昼前にようやくオアフ経由でハワイ島はコナ空港に到着することだろう。正直しんどいが、珍しく初めての航空会社に初めての訪問地なので楽しみではある。

おいおいレポートをお届けして行きます。


@関空

2016年2月16日火曜日

半業務連絡



こ稽古の後希望予定のある方、この3月は二つの事情で「初旬全て」と「中旬の一週」ほどを離日します。(台南のジャズ講習にご興味ある場合がお出かけ下さい)

そのため、ご希望に添えるよう調整が可能な日程の間口が少々狭くなるますので、少し早めにレスポンスを下さるとご希望に添えるかと思いますのでよろしくご理解をお願い致します。
また、新春の学校の学期が開始すると選択肢が狭まりますのでお役に立てる時期にご考察のほど、よろしくお願い致します。
次に時期、時間に余裕があるのは夏です。

お弟子も多角的に力をつけて来いますので、ご相談下さい。
最良の方法を考察致します。


2016年2月15日月曜日

じゃかぁしぃぃぃぃぃぃ



安定色と異にして夏ではなく春に唯一の長い休暇を取る方式なため、今回は都合、国際免許(国外免許=現在の呼称)取得に動いた。アメリカ合衆国ハワイ州に出向く予定だ。

兵庫県在住に便利なのは伊丹の免許更新センター。
出向いた訳だが、出来事が面白過ぎたので報告まで。

建物に入ると威勢の良い八百屋さんよろしく、おじさんらしいおじさんが来る人来る人に「はい、免許証だして〜免許証だして〜。はい、免許証出して〜免許証出して〜×α」

唯一、私がそれに当たらず「国外免許はこの後ろ〜〜」w


で、国外免許受付に行くと、今度はロボットおばさんが、

「はい、国外免許はここね、免許証とパスポートと写真だしてね〜」
「あぁ〜この写真、少し小さいかな〜元のやつあるぅ?」
「元も物を物を持って来てくれてたら良いのよね〜」←うそやん

5×4の企画が自動マシンに設定されていないため5×5を自分で切ったのに、である。

「はい、ではこの書類持って2番に行って支払ってもらって、戻って来てゆっくり書類書いて」

はぁ、ゆっくり?

で、2番に並び、意味不明な金額を支払い戻り、書類に記入して振り返ったら

「はい、ここです」

わかっとる



「じゃ、免許証とパスポートと写真と印鑑出してね」

はぁ

「じゃ、少し待ってて」

はぃ

「秋山さん」

はぃ

「では、これで完成したので、ここにサインね」

はぃ

「これで終わりです」



「まっ気をつけて行って来て下さいねっ!」



💢👊じゃかっしぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!


2016年2月14日日曜日

苦行の終焉




発熱や明々白々な症状が治まったとて「何か」が身体細胞内に寄生しており、主観的には「細胞内コンクリート」な感じかと。
結局発熱から7日目の夜に、どうやら元の身体に戻った模様である。即ち、普段の身体の痛み(慢性肩こりや座骨神経痛)を感じるようになるのだった。勿論、独特の風邪感は去っていった模様。

7日周期なりの、天文学なり生物学なりの周期とは改めて凄いものだと考察する。






2016年2月12日金曜日

苦難の修行僧



まだ体調が戻らない上に、鼻炎を併発したようで難儀ナウである。

昨日、買い物に出かけ入浴剤を別の袋に入れてスーパーのカートのひっかける所に引っ掛けていたら忘れて来るし、ならば買い直すため別のドラッグストアに車を走らせたらなぜか行き過ぎた〜さいぜん通ってますのに。

何とか今日の午前のお仕事に出かけようと出かけたら、何となく2時間ほど早過ぎた。

信じたくないが、またまた愛車のフロントナンバープレートをやんわり曲げられてることに気づいた。誰か特定の人物でしょう。

一体何が起こっているのか。

不幸中の小さな事故の日々である。現実は厳しい。

それだけに愛弟子ちゃんから戴いたバレンタインのバームクーヘンには萌えました。


2016年2月11日木曜日

小康状態



まさかこのペイジで駄洒落を書こうとは思ってもみなかったが、身体は確実に小康状態へ。熱は完全にひいたが、乳房の裏の部分、即ち「肺」の両方に異常な違和感が残る。
なんとも気持ちが悪い状態が続く。倦怠感も。
それでも発熱している時の独特の腫れぼったさは無くなった。

残すところは日にち薬、というところがとにかく今回は偉い目に合いました。

授業が終了し、成績を提出、すわ韓国へ。
結局は免疫力なりの低下が招いた惨事。

一体どこがきっかけとなったか原因がわからないままである。

もう大丈夫だと思いますが、存外、人間が命を落とす時っていうのはこういうのを拗らせて(こじらせて)という事もあるのでしょうね、と(気力が無くなりそうになった時に)感じました。


2016年2月10日水曜日

インフルとインフル手前



インフルのA型だった身内の治療は点滴で、その日の晩には効果し、翌日は平然として、
毅然と練習をしていました。
私は彼女の翌日に医院に行ったもののインフルでは無いとの結果。
菌保有者が隣にいるのにならないというのは私の普段の健康管理(栄養注射や整体)が祟った?形でしょうか。予防接種はしていません。

吸入薬と薬の処方で終わったものの現在3日目でようやく回復きちょうにあります。
38.5度を最高に、37.2度、36.8度からようやく36.4の平熱に。
いっそインフルで点滴してもらった方が楽やないか!と、思った次第。

現在、大流行らしいのでご注意を。

とにかく寝ていましたが、たまに様子を見に来てくれるメリーに癒されておりました。

明日からは平常に戻れそうです。
ご迷惑をおかけしたお弟子さん、教室の方々にお詫び申し上げます。


2016年2月9日火曜日

絶不調



夜に何となく咳が嫌な感じで、熱も37度前後を行き来していた。
朝の6時に猛烈に体が熱くて目覚めたため体温を測ると38.5度!

カロナールという解熱剤で8時頃には平熱に戻ったものの、倦怠感が半端無い。

と、言う事で医者に行く。(珍しくお仕事を休ませてもらいました)

インフルの疑いありとのことだが、反応は出なかったのだが、予備軍?みたいな状態とのこと。調剤薬局で隔離室に入れられ、初めての吸入薬(イナビル:第一三共)を体験。

何でも最新の対処法らしく、既にその薬局の隔離室で説明を受け吸入を終えてしまう。
医薬分業らしく、薬剤師が看護師のように横で説明、フォローをしてくれる。
のど、気管支で増殖する菌をダイレクトに押さえ込む薬らしい。

治療の進歩は日進月歩とは聞くが、実にその体験をした次第。

思うに、空港鉄道や飛行機に搭乗する際はとにかくマスクをしておくべきかと。
何となく、帰りの飛行機の空気が原因かと思う。
平気で咳をするおっさんとかがまだまだ存在していたからだ。


それにしてもお金がかかりますね〜3割負担とは

二重苦



帰国後、それほど忙しくなくほわほわしているのに、今日は発熱し、おまけに「徐々にぎっくり腰」になるという始末。

午前中に医院にてニンニク、プラセンタ注射をしたのに、この二重苦にメンタルがやられそうである。

おととい整体に行って心地よくホグしてしただいたのに、なぜ徐々になるのだろうか。
毎朝、ベッド内でストレッチも欠かしていない。

喉はとにかく濡らすように飴を欠かさず、睡眠も十分に取っているのだ。

ここまでしてなので、自律神経崩壊に近づいて行く。

まぁ悪い事が連続すると、その逆もあろうかとポジティブに思考をするしかない。



しかし、家人も絶不調なため、夜の愛娘のメリーの散歩に際し、ズボンを履くのも、靴を履くのも、綱をつけるのも大変。しかも寒気とふらつきがあるので大義であった。
でも、メリーが可愛いので良いのだ。



毎日、知恵が付き、学習していくため、こちらの言葉と意思はほぼ通じる。散歩で「こっち」と言わずとも、何かを察するのは動物のカンだろうか。手前味噌だが。

あぁ、普段の健康がいかにありがたいか!

虚は虚にして実にあらず、実は実にして虚にあらず、虚実の間を彷徨うカオスな状況です


2016年2月6日土曜日

業務連絡(発表会関連)



2016年6月18日 Group Assembly
2017年1月21日 Individual Solo

場所:兵庫県西宮市::夙川ルーテル西宮教会



プラスマイナス



帰国しました〜
しっかし、行列を好まない=時間の無駄を美徳としない私には結構キツい行事です毎度。

日本出入国は自動化手続きをしているため、まず出入国にはマシンですし並びませんけど、関空なら降機してから面倒なシャトルにマストで乗り、イミグレを通り、荷物を待ち、税関検査で謎の「間」を過ごし解放。関空のアホな設計で一階から二階へ行きにく過ぎるし。

こう、何とかならんのですかいの〜関係者たち。


ばらしてしまえば、今回の韓国、月末はハワイ島へお疲れ旅行、来月は台南へ招聘、6月にシンガポールの予定ですが、その旅の度に自律神経崩壊に備えなければなりません。もう数年すると引きこもりになりそうです。

若い頃には気にならなかった「時間」の浪費が、まったくもって「イライラポイント」となりつつあります。

とにかく、お金を支払っている人間を待たせるなどはゲスの極み。好みません。

2016年2月5日金曜日

理解出来ないバランス



またモンクですわ。
何ですかこのインチョン空港は。
何回も使っていて、毎回その目に合って思うことですけど、

専用特急の空港駅から空港まで10分歩き。
チェックインで並ぶこと45分の大行列。
荷物検査で行列20分。
イミグレでまた5分。

しかも世界有数の広いはずの空港でやたら狭い空間にぎゅうぎゅうに押し込める感覚。
係員は並んでいようが増員せず、休憩に行きやがる始末。

ガタイは立派ですが、ソフトは最悪。

因にカードラウンジなんて中国人だらけで超満員。
意外に二階のソファやカフェは知られていなくて快適です。

到着は、さ程ストレスは感じないものの、出国は時間と覚悟が必要です。
LCCは仕方が無いにしても、3時間は必要な気がしますね。
しっかし、
ビジネス、ファースト以下は人権が無いように作るとこうなるのね、と
建築の学習が出来ます。

2016年2月4日木曜日

リハーサル(ソウル)



伝え聞くソウルの寒さはどこへやら。
とにかく晴天で気温も4〜5度で普通の冬ですが、しかしこれは私が訪韓した日からだそうですからラッキー。

昨日から肉を食らい、鍋を食らい、買い物等も楽しんだ後にたっぷりを睡眠をとって今日のリハーサルにのぞみました。乾燥している大陸性の空気では、楽器の鳴りが日本とは微妙に異なります。

共演、招聘するジ・ヨンさんの以前の御師匠さんであるチョー先生が持つ市内の工房かつレッスン室へ。ここには驚きました。
個人練習室が7つほどあったでしょうか。チェンバロを備えたリハーサル室をお借りしましたが、メインは工房になっており、そこへ次から次へと生徒さんがやってきます。

およそ私などは及ばない規模の世界。この子は釜山から来たんだよ〜らしいです。
次世代、次々世代を育てるのには凄い施設かと。日本では無理です。
なるほど溢れるほど技術のある若者がいる訳です。ヴイヴァルディの難しい楽曲や初期バロック作品がピロピロと。




ジ・ヨンさんとは数ヶ月前にここソウルで演奏会を終えていますので、互いに良く理解しているせいか、数点の修正点や希望でどんどんと事が運びました。
演奏技術と耳が良い人とは非常にポジティヴに時間が使えます。

後でカフェに寄り、招聘についての詳細もお話しをして別れた次第。
ところで、タクシーの初乗りは300円ですわ。

明日、もう日本に戻ります。
何よりあまり無いであろう内容のゴリゴリバロックの演奏会を楽しみにしていて下さい。


2016年2月2日火曜日

天むすとはいかにか



日常には驚きが満ちている。
今日のお仕事に向かう際、ルーティンの一環として早めに家を出て、あるスーパーに寄り、お昼のお弁当を購入し、腹を7割程度満たして行く行程があるのだが、そう言えばそのスーパーに食事のコーナーがあり何となく今日は中華そばでも、と考えたのが間違いの始まりであった、という報告をします。

まず、セットに中華そばと天むす(二つ)という品を530円で注文。お安い。
程なく番号を呼ばれてトレイを取りに行った。

中華そばのスープは主観ではあるが醤油をベースに「琥珀」色をしているものだと半世紀信じていたが、ここは限りなく透明に近い黄色。まるで黄砂の空色である。
色は良いでしょう。食したら限りなく表現の出来ない不味さに驚愕!

一方、天むすはというと、長年思っていたものと違って、どう見てもおにぎりなのだった。で、おにぎりの中に天ぷらみたいなのが入っている代物であった。これは「おにぎり」ではないのか?勿論おいしくない天ぷらおにぎりという事になる。

このランチで著しく生活テンションが降下したのは言うまでもない。
何かを払拭したい衝動が湧いた。味を忘れたいとでも言おうか。

そうだ、後面にマクドナルドがあるではないか。と、いうわけで「アイスコーヒーをくらさいぃ」と宣うと、「他に何かご注文の品はありますか?」
無いわ。おそらく世界一不味いランチを食した人間が、今から世界一有名で若い頃に一生分は食べて既に味を覚えてしまって卒業して何十年も経たチェーン系のバーガーなぞを食べるかっ!

まぁ店員のマニュアルには理解を示し「いえ、ありません」と応えた。
お世辞にも美味とは言いがたいアイスコーヒーで何とか世界観を取り戻した次第だが、
次の事件が待ち受ける予言でもあったわけだ。


仕事先に止めるコインパーキング。いつに無く満車で仕方なく他を探す。少々高価だが無事に駐車をして仕事場へ向かう。歩行中に見ると満車だった駐車場が「空」になっているではないか!
で、せこいハナシだが、すわ車を200円かかったが出庫し、入れ直すための行動をとった。「神様仏様、まだ空きがありますように」

移動中にふらふら運転するのろい老婆の車と接近。こういう場合は先に行かせる。
根が親切に出来ているのだ。
もうお分かりだろう。なんとっ!!!その車が目的の場所に入り「満車」!
運が悪い!最悪の気持ちである。お先にどうぞなどとゆずった阿呆である。
!”#$%&’()

結局、その地区で一番高価な駐車場に止め、意気消沈しました。



仕事先の方たちにそのハナシをぶちまけて少し心が落ち着いたものの、こういう悪魔な日も存在するのかと。

まぁしかし、悪魔が続く訳でなく、その後は楽しい出来事やラッキーな事も。
現在、日航関西空港ですが毎年郵送されて来るアップグレードチケットをチェックインで提出するも、こちらで普通にグレードアップをさせて頂きますので次回にお使い下さいですと。ラッキー。

インバウンド効果のアンチテーゼとでも言おうか。業界は多分、一元さんの旅行客よりも、リピートするであろう地元個人客も大事にしてリターンを狙うという事だろう。

明日早朝のアシアナ航空で極寒のソウルに飛び、リハーサルにのぞみます。


エアバスA-321のウィングレット付きアシアナ航空OZ115


2016年2月1日月曜日

注意



学期、学年が全て終了し、平和で大人な日々が戻ってきた。本来音楽家なので自分のアイデンティティを取り戻せそうだ。教員と芸術家は著しく異なる世界観という事実はよく知っている。

で、
旅行に関するうっかりな点みたいなお話しをば。

今週は渡韓し、春のコンサートのリハーサルと打ち合わせ、及び最新CDの売り込みと宣伝に行く。
自ら動かなければ独立企業の先は難しい。

さて、
比較的渡韓の予定建てが短期だったため、それほど好きではないLCCを検索したが、結果としてHISで販売されているメジャーのアシアナ航空が安価という結果。即ちLCCが何が何でも安いと決めつけない事である。マイルも食事も荷物も付いている訳で、特に空港でのストレスは絶大に異なる点はメジャーの良い点。

で、(過去の航空券やオプション予約で)HISなり、JTBなりのHPにマイページを持っている訳だが、
航空券発券の知らせのメールが届いたのにマイページにEチケットの項目を見つけられないでいた。
仕方が無いので、電話をしたら判明。要は、知らず知らずのうちに二つのアカウントを所持していた事が判明したのだった。

IDやらパスワードだらけのHPでの予約作業に潜む盲点で、比較的しっかりと手帳に書くと、紛失時に見られてしまうがゆえ、ほわほわと書いていたら、勝手に二つ目出来ていたというわけ。

渡航前に急激に焦る出来事で、仕事に遅刻しそうになる。不本意に高速道路料金を払って移動した次第。加齢と共に情報管理に無理が出て来るお年頃。パスポートの更新等にも注意が必要ですか。


海外ではよく売れるんですぅ