動画(Youtube)

Loading...

2013年11月20日水曜日

初心者の方々の講座




昨日、大阪はアンリュウリコーダーギャラリーに於いて、主体者から非常に斬新な
ご提案を頂いた「初心者」のためのリコーダー講座、の2ターム目を終了しました。

合奏団の合奏吹きではなく、あくまでも個人のスキルを上げる、定員の少ないクラスです。
しかし、数名以上がお集まりならない場合は開講はありませんので、その時期の運次第。
経済理論とは残酷なものです。

さて、

そもそも、こういう内容ならば、正規に学んで来た若い奏者が担当する方が筋であり、
どちらかと言えば、ハイスキルを望む方を担当することが中堅の仕事かと思いますが、
存外、ド専門家に適正価格で~と、ご希望を頂いて、無事に敢行した次第です。

合奏団で吹いてはいるが、初歩を学んだことがない、という方にもお越し戴きました。
持ち方、構え方、くわえ方、指の配置と力の抜き方、角度と目線、息の扱い方だけでも
数回を要します。いきなり吹けてしまう事が不幸の始まりだというのは言い過ぎでしょうか。

私の場合は英国留学をし、その時の巡り合いで個人スキルを上げる名手に師事した
経験者ですので、イギリス方式??とでも言う、その人個々の能力を存分に活かすという方法?
でお教えしていると思います。(相対的には正直わかりません)

思えば、その後、四半世紀に亘り、音楽大学や音楽学部の音楽専門学生に、
「教え方」から「大合奏」までを一年間経験させるのが仕事ですので、
これから始めてみようという大人の方にも、それを少し改良して、適切にお伝えして
行く事は可能なのです。



で、例えば他の管楽器を専門とする奏者が、果たしてリコーダーの
「基礎」を伝達出来るか、或いは、信頼に足るか、という疑問はあります。

ヴィブラートや胴体の無駄な動き等は適切とは言えず、F管であるアルトのミを初めに教える、
等という発想が果たして、他業種の人に方法論として存在するのかは知る由もありません。
サミングという独自の奏法もリコーダーならではで、結構繊細な説明を要します。

適格、的確に~という実態は実は少し難しいのでは、ということかもと。
そして、出逢いの「運」もあるかと思います。

専門、が存在する職種は、その専門家にご師事頂くことが適切かと、当然のことを
どちらかというとヒエラルキー的にまだまだ下にあるリコーダーでも、と、日頃思います。

仮に、ピアノ、オルガン、チェンバロは同じ鍵盤に見えても、奏法は全く異なります。
フルートとリコーダーなどは口元からして、全く異種楽器で共通性はありません。



安易にウェブ検索などで「即決」せず、演奏をお聴きになったり、ご見学や専門店に
ご相談をされて、ご自分に合った専門家の師匠?に巡り合われますことを祈るばかりです。



ご参考までに・・・
http://www.geocities.jp/shigeru515monteverdi/schoolInfo.html



2013年11月7日木曜日

時代錯誤と都市機能低下



ここのところの一週間。阪神高速道路の池田線(大阪~池田)が工事のため、
全区間を閉鎖してリフレッシュ工事を行っている。迷惑至極。

即ち、側道は大渋滞になるのだ。

で、バイト先の大学が側道にあるため、困難を極める。

個々の部屋などが与えら得ていないフリーランス講師の場合、須らく資料は
自家用車のトランクにあるのだが、今日などは自転車と電車と駅のレンタル
自転車を用いて、譜面を運び、時間を使い、体力を使って出かけるのである。

きょうび、全面通行止めをする、という時代遅れな方法論しか思いあたらぬとは
頭が悪い。実際に15号神戸線の工事は片側車線のみ通行止め方式で
行われ、混みはするが、通行は可能であった。

これは歴史的に公害訴訟に関連しているためなのかどうか知らぬが、
今回の措置で伊丹空港のリムジンバスを始め、大阪の都市機能が明らかに
低下している事を、それほどに予想すらしない連中には、もうめでたい気持ちに
なってくる。

だからダメなのだ、色々と。


例えば、大阪駅は雨が振り込み、新大阪は行きにくく、伊丹空港は遠いし半分は兵庫県、
関空は遠くて高い。


各空港地下駅に直結する羽田と成田。大乗換駅東京駅発着の新幹線。
さすが東京!

2013年11月5日火曜日

海外ホテル予約の方法論




さて、諸外国に行く際に「ホテルの予約」を行うが、自分の感やセンスを活かして
ひたすら研究をすること20年。

せっかくの非日常ならではの「多星」ホテルフリーク(南国旅行のみ)ではあるので、
物凄く良い所に、非常に劇的に安く宿泊しようと、日夜研究、努力をするのだ。


予算、概算は当然だが、その目的に応じてそれなりの施設を探してゆく。

サイトでは、

4TRAVEL や Trip Adviser

などは、総合的に様々な予約専門会社が一度に比較表示されて便利である。
国内で身近なところでは、JTBやKNT、HISなどのHPでも検索可能だ。



注意点は、価格表示にあるのだが、即ち、税とサービス料金が「込みか否か」、なのだ。

一見、格安だが、これも航空券よろしく、結局、例えば税金7%とサービス料金が10%加算
されて~などとなってしまうことが、ままある。

それこそ ウィンドウズ・パソコンなら、多くのサイトを表示させて選択しても良いが、
いっそ数台を並列させて、的を的確に絞ってゆくと有効である。3台ほどで十分。







具体例を一つ。

アップル・ワールドという予約サイトが存在し、HPで予約手続きを行い、最終的にバウチャーを
PDFでダウンロードし、自宅印刷するという便利さ。
当然、クレジットカードで支払い、おまけにそれ相当のANAマイルをゲット出来る。

ここは、「リピーター割引き」で2%安くなり、尚且つ70日以上前に支払えば、
「事前払込み割引き」で5%も安くなる、というのもミソである。

また、ここで、「アップルポイント」というものが貯まり、一定数を満たすと、
3ポイントが1ANAマイルに変身する。






仮に、シンガポールへ行き、ひと部屋1万円の部屋に泊まるとしましょう。

予約時点でクレジットカード=マイル・ゲット。
1万円×(100%ー(2%+5%))=9千3百円

これに対する宿泊ポイントが溜まり=マイルに変換

その上、ホテルに会員システムがあるとするとそこにも宿泊ポイントが溜まり=マイルに変換

という図式が成立する。言わばトリプルマイルという事。







およそ日本ではフリーランスでは縁のない、相当にブルジョアなホテルフリークになれるのも、
このような研究の結果だ。

主観だが、

旅先の半分の時間はホテルで過ごす事になり、その旅行の思い出を左右する。
これは、経験なので仕方がない。

実際に宿泊が良くない思い出のたいていは、その失敗だった。

現時点での最高点は、フォーシーズンズホテル香港とフォーシーズンズ・バリ(ジンバラン)。
また、ハイアットリージェンシー香港、ホテル・ロイヤル台北、ロッテホテルソウルも次点である。





どこででも寝れる、というタイプの人生では無いために余計に重要になるのだな、と。

車は走れば良い、なども同じ思想。それは非常に面白くない。ものすごくこだわります。




たかがホテルだが、その歴史なり、建築なり、空間芸術なり、造園美なり、スタッフのヒューマン
な部分を含め、多くの感性を豊かにすることに有効かと感じる。


でも、シンガポールだからこその、ラッフルズ・ホテルやリッツ・カールトン等には残念ながら
手は届きませ~ん。