動画(Youtube)

Loading...

2013年4月30日火曜日

新感覚な蹂躙被害




国民の休日にも関わらず、学業に励め、と、どこからか命令され、
疑問を持たず授業に出向くことに「慣れて」きてしまいました。恐ろしい限りです。

今話題の憲法改正とか以前に「ねじれ」。
総務省は休め、文科省はやれ。学校も困っているのでしょう気の毒に。

先人が軍国主義へと向かった世界大戦前の帝国主義というのは、
恐らくこうして出来上がった、と思います。ある種の血の思想です。


そういうものだ、そうしなさい、そう思いなさい。



さて、始業し、ひと月ほど経過すると重要な資料を配布し、基本中の基本中の基本を
伝えて行きます。即ちそれは教授法を教授する事でもあります。
それが休日の授業に重なります。

ところで、前記、休日に対し、やはり憲法を遵守する先生方も多々なため、休講が非常に多く、
ゆえに私だけの授業に来ざるを得ない学生もいて、加えてやはり休む学生もいて、
クラスによっては半分数程になります。それでもこちらは進めるまでなわけです。

そもそもが、駐車場に車が半分も無いので驚いたのですが、
それより素直に出向く若者にも驚く限りです。しかし学ぼう精神は尊重出来ます。



従順に真面目にやりましょう、という事で、私はごく真面目に仕事をこなすのですが、
学生に「先生~真面目やなぁ」と言われる始末。




しかも、そういう日に限ってこういう仕事にはつきものなのか、
世界観の異なり過ぎるメッセージに翻弄され、傷ついた次第なのですが、

事務系等からの一枚のメモで、始業一発目の2限の休講は拝受したが、(←非開講予測的中)
果たしてお前はその後の3、4、5限の授業(開講的中)は、したんやろな、
していないなら、休講届けを即刻だして、補講せよ!


「・・・・」

意味不明。
ちゃんとしとるわっ(・◇・)



ぐぅ~ (’◇’)(’◇’)(’◇’)



24年やって来て、人権蹂躙。
非常に真面目な先生に対しては悪魔の所業。




休む場合は当然「休みます」と届出ますわ。学生のためにですね。
この部署なり、人物の「世界観」は、私の歴史には無かったもので、対処に窮している現状です。




この世の中って、礼節に欠く生き物が確実に存在する事を確信した残念な日となりました。
非常に憤っておりますが、今の日本に半分くらいはこんなんですかしらね。(゚Д゚)ノ



2013年4月25日木曜日

インフラ整備の恩恵




ピーターパン症候群の群生、理不尽、不本意、リスキーな被害多きこの時期。

わたくしの僅かな僅かな小さな幸せの側面に、公共インフラの充実、があります。
要は、都市計画の完成、高速道路の延伸、新路線の開通等ですね。

全て過去からすれば「未来」のある事と結果なわけです。




京都市立芸術大学へ教えに20年余り。

往復は車で地道をくねくね100分程かかる行程です。
往復150キロほど。なかなかな距離です。



先日、長年工事をしていた大学付近の高速道路が全面開通しました。

中でも嬉しいのは「京都縦貫自動車道」、「大原野インター」の完成です。

京都盆地の西北側を、名神から北西に貫いて行く自動車専用道。


京都の西、大原野インターチェンジ



自宅が名神高速の開始地点の「西宮」なので、名神高速西宮インターから、
京都市手前の山崎ジャンクションを経て、
上記の京都縦貫道、大原野インターに至ると
非常に明解に移動出来るようになった訳です。


早速、j帰宅時に通ってみましたら、なんと全行程は40分!!
100分-40分=60分 (゚o゚;;

要は1時間、往復で2時間の短縮。
ここまで顕著なインフラ整備の恩恵に授かる事は滅多にありません。

「方法が増える」というのは、何となく「頭が良くなった気がする」といのは、
ポジティブな曲解でしょうか。アホですか。



しかしながら、やはり一筋縄ではいかないのが高速道路料金・・・。

ETC割引きでも1700円(;´Д`) 往復 (;´Д`) 3400円 (;´Д`)




地道で地道に参ります (T▽T)








2013年4月23日火曜日

履修生




今年度は結局、京都と大阪の二校で230人余りの受講希望者にリコーダーの指導法、大合奏、
京都芸大ではそれに加え、隔年開講の古楽奏法の演習をします。

もう24年程になるため、経験地的一定の法則がありますが、何より変わりゆく時代と研究等で
微妙に変化するため、用意は結構大変です。

指導法は指導法のテキスト資料と教育的側面からの譜面。
合奏は、基礎練習と合奏譜面。
古楽実習は古楽学習用プリントとバロックの譜面。

それぞれを準備するわけです。

私のような非常勤講師には組織に特定の部屋が無いため、己の車のトランクに授業別に
資料の箱が搭載、分別し移動しています。
多分、職務質問されたら、「音楽の先生ですね?」と言われること請け合いです。


この時代、履修を希望する若者が多いのは大変結構な事です。

しかし、年がどんどん離れて行き、とうとうお父さん世代に突入。
相手の価値観や意志の動向を踏まえつつ、興味をこちらに向ける手段とは一体なんぞや、と、
真面目だけな私は思考し、悩む日々です。

世代が違えば、相当な価値観の相違が生じるため、毎度てんてこまい状態。
満身創痍の典型で、胃酸がドクドク出ております。



とにかくこちらにから発信する刺激的なエピソードは必要です。興味を持たれてなんぼ、が第一歩。
逆に感情の爆発や自慢話だけはタブー。だからどうした、で撃沈し、あとあとに響きます。



少なくとも冷静に楽器の魅力を伝える使命が仕事であって、ぐあんばるのみですが、
病気だけは避けたいと予備治療にも配慮をしたいと思います。


楽しいと思って戴ける授業を作りたいのですねぇ。とくに合奏はですね。

傾向として面白いのは管楽器の専攻生が年々微増の傾向にあることです。
特にフルートの学生が多いのは興味深いところです。

ロングトーンなどの基礎訓練を経ているため、合奏力が増し、結構美しいアンサンブルが
完成したりするのですが、どうなりますやら。








2013年4月18日木曜日

京都縦貫道の開通予定




不詳わたくし京都の西に位置する京都市立芸術大学で授業を担当して20年程になります。

私の居住区は兵庫県西宮市。車で移動するわけですが、便利な道は無く、亀岡市を経由し、
絶対に遅刻しない安全な道路を通行します。性格も相まって、未だに遅刻はありません。
遅刻するという行為が概念にありません。多分自らを殺めるでしょう。嫌なのです。

因みに西宮市は名神高速道路の西の最終地点です。名神高速で中央の京都まで入り、
逆戻りする、という方法も無くはありませんが、選択肢としてはネガティヴです。
高額な事と確定渋滞がですね。



さて、今日から出講。

受講生は毎年安定数で非常にクレバー。しかも前記非開講という概念は無いそうです。
当然ですけどこちらの人権とモチベーションは保たれる事は事実。
また、音楽学系の古楽実習にも多くの履修があり、何だかやりがいもあり、傷つかずに済みます。
ここでざっと60名弱。




毎年週に一日出かけるのですが、大学近くの素敵な竹やぶがいかにも古都にふさわしく、
私の素敵な風景ベスト10000に入っていました。
しかし、ある時にバッサリ・・・(´Д`;)


なんてことだ、竹やぶ焼けた?と清き心が傷んだものでした。



ところが、その伐採の後、なんとそこは整備され、高速道路が延伸、建築され、
今日はまだ未開通なものの、来週には開通するとの事なのでした!!


恐らく通勤時間が半分になることが判明!!


今まで地道で地道に行くと100分かかっていたのです。
帰りは気にならないものの、行きはまんじりともしません。

料金はかかるものの、熱心な学生に応える体力は維持したままに、
しかも安易に現地に到着が可能になるという事です。



こめんなさい竹やぶ!自然破壊と人権保護。便利には敵いません。
取り敢えず、西宮インターから大山崎ジャンクションを抜け、
大野原インターまでストレートで多分40分ですわ!!


一方で、先日、大学側が京都市に京都駅付近地区に大学移転要望を提出したそうです。


なぬ(・◇・)
不便利なりますやん


まぁ、取りあえずは非常に便利になる次第です。


しかしつくづく格差社会に突入した感は否めません。
全く問題なく授業を受けれる学生と真逆の学生。
予定説を信じればそれも運命かと。







2013年4月16日火曜日

捨てる紙 拾う神




近年日本の大聚落の側面に、私立?大学に於ける科目の「非開講」という事実があります。
要は、(誰が決めたか)その時間の受講数が一定数を満たさねば、直ちにその授業は非開講
となる、という残酷極地な現実措置。無論、人権は無く強制排除です。
非正規雇用にも鉈は容赦ありません。話題はそればかり。凄い事です。

今年度も封筒に紙一枚で、しかもそれが郵便で二回も別々に通知され、そこそこになったと
思いますが、一年間開けておいた貴重な時間がパ~!
研究室もありませんから、毎回伊丹空港に飛行機見学に行きますか。要求したら逆ギレされる
始末ですので何をか言わんやです。

もちろん、モンクなどお口チャック状態。パワーとは怖いものです。
しかし、気の毒なのは少数のやる気のある学生。さすがにいよいよ噂が徐々に広まりつつ
あります。

私が親なら怒鳴り込みますが、日本は良い人ばかりで大変結構。故に全てが
スポイルされ、建設的な解決策を何ら見いだせず、毎年毎年それを繰り返すわけです。


原因は何言わぬ@@でしょう。


JRの時刻表を作る人達に時間割を作成させれば、学生配分と教員配分もうまくいくでしょうに、
まぁ、わざとやっているという黒い噂もここあそこに聴きます。アンタッチャブル過ぎて怖い・・・。

ある若い先生が未来が見えないから、と昨年度で早々にやめてしまったニュースには
中堅としては驚きました。確かに理解出来ます・・・。偉いですね、若いのに。



さて、その一方で捨てる「紙」、あれば拾う「神」あり、ですが、
今度は香港から再びのお呼がかかりました。

根本的に利用されるのではなく、本当に必要とされるのは嬉しいものですね。
少なくとも1stゼネレーションが50歳少しですので、亜細亜では後発ですが、しかし正常でしょう。




また、ご報告します。

恐らく年末に香港にてゲストで演奏します。如何ですか、冬の香港。





2013年4月15日月曜日

ワンデー・ANAマイラーズ・レポート



仕事で大阪のコインパーキングに車を止めます。
三井のリパーク駐車場。支払いをせねばなりません。
ここは、Tポイント、ANAカードが使え、ポイントが貯まります。

その後、ファミリーマートでお弁当480円と飲み物で役700円。

これを、Edyで支払います。チャリ~ンで7マイル
これに、Tカードを出すとTポイントゲット。
これの、チャージはANAカードですから千円単位で10マイルゲットになります。

即ち、Edyチャージ+支払いでダブルマイル。
そして、Tポイントで後にマイルへ変換でマイルゲット。


前期、駐車場の支払い。
まず、Tポイントカードを挿入して8ポイント。で、今日で前述とも相まって累積500ポイントが
250マイルになります。
んで、ANAカードで支払うと8マイル


帰宅時のスギ薬局のポイント5倍デーにてお買い物。

まず、スギ薬局のポイントカードで最近お累積結果で500ポイント超え。
これは商品交換で100マイルに変換出来ます。
んで、2800円の買い物をANAカード支払いで28マイルゲット。


今日だけで、まぁ仙台片道を飛んだ位は手中に。



反面、以降の活動から転換し、上京が激減するため、ANAカードをプラチナからダウングレードしてゴールドにします。つかの間のプラチナ生活も良き思い出でした。エセセレブですわ。

運気を上げようとインビテーションにつられて入会し、発行したものの豚に真珠。
上がるどころか・・・。
即断で更新はしないことに英断。LCCが激安ですのでね。


最近、アメックスが航空提携に熱心で、そちらに乗り換えようかと。


航空会社HPにて毎日キャンーンをチェックして下さい。
例えば、現在はセブンイレブンの購入はANAカードマイル2倍。100円で2マイル。


小マイルも積もれば山となり。楽しみを生活に!!


後述::

上記は小さなことでしょうけど、
わたくし、一年少しでANA欧州往復のファーストクラス一人分相当マイルを蓄積したのですぅ!!






2013年4月14日日曜日

更新不足に理由ありて




春になると冬の時代が始まり、心は夏を待つ始末でご愁傷さまなわたくし秋の山。


がっこうが始業すると、てんやわんやになり、ブログの更新も滞るわけです。
(ただ、こんな記事を見て下さる方など数人に過ぎないと思っているのですけれどいったい)


で、今年度は「音楽学実習(古楽演奏)」と「器楽合奏(リコーダー合奏)」という授業を京都で。
また、「音楽科教材研究」と「器楽合奏」という授業を大阪で致すのです。

講義演習が三種にも亘るため、その準備(在宅ワーク)はご想像を絶するものでしょうか。
今日の地震で自宅書斎の書類飛び散り被害もちらほら。







長年の経験はあれど、教授法は時代の流れや、研究によりどんどんと変化をしますので、
通年通例の資料をまんま配布しておく~などは通じないわけです。

また、人気?を保たねば未来に履修をしてもらえないという時空の歪みも存在しますので、
こちらを向いてくれるような話術や若い人の心をくむ事にも尽力せねばなりません。
毎週200人近い若者と対峙するのは相当なエネルギーを要します。


で、トホホな出来事やハラスメントはここの記事にも出来ず、ストレスは貯まる一方。
尤も、ストレスのない仕事などはありますまいが。



若く魅力のある専門学生に出逢う事がモチベーションですが、正直あと何年出来るかと。






2013年4月7日日曜日

出逢いと連続性



最近になって不思議と演奏家の方との偶然や必然での出逢いが頻発して来ました。


① 例えば、東京の帰りに高山のとある身体矯正のゴッドハンドの所へ(ある人の紹介で)
寄ったのですが、問診票に諸事を記入後、待合所で座っていたら、お母様を連れて来られた
女性がソファに座ったのです。

受付はそこの奥様だったのですが、我々が問診表の職業に音楽家と書いたため、

あらっ、偶然ね。彼女もフルーティストですよ。

(・∀・)

おぉ!そうなんですねっ!


互いに名刺交換をしました。
数分の間のおしゃべりでしたが、それぞれの楽器や活動について興味深くお話をしました。

凄い偶然です。
我々が高山市近郊の久々野という町にいる方が十分変ですが。


まぁ大変美しく、凛とした女性で、強く印象に残った、というのは事実でございますぅ(*´д`*)








② で、今しがた、今度は以前にお会いした香港のリコーダー奏者、ヨセフ・リーさんから、
メールが届きました。

以前大阪で私のプロモーション用にジャズのCDを差し上げたのですが、聴いて下さったのでしょう。秋に香港で一緒に演奏しませんか?との事。
香港は好きですし、面白そうです。


③ 一方、先日のリサイタルもそうですが、他楽器のプロの方がご興味を持って下さる事例が。

例えば、私より年齢も上のこれまた(男性ですが)バリバリのフルーティストの方が、アンサンブル教室の体験入会をされて、今後も入会をご検討中とか。

存外、、リコーダーを真剣に学びたいと考察されていらっしゃるプロ木管奏者は少なからず
存在するのか、と。
また、私の元へといらして戴き、恐縮でもあります。



引きこもりがちの性格と、腰を据える、また、アンチミーハーであまり地元を離れないタイプだけに、
とても確率の低い、しかし濃い出逢いがあり、それに連続性が生まれそうな事は正直嬉しい事と
思っています。


来週からいよいよ新学期でまた200名弱のフレッシュな音楽専門の学生さんとも出逢います。
こちらはエネルギーを吸い取られ、満身創痍に陥りがちなものの、私の若く生きるきっかけを
もらっているようで、故にポジティブに考えて臨むまでです。

私だけでなく、とりまく周辺の皆さんが幸せな展開になれば良いですね。


2013年4月3日水曜日

myショット



何となく親子~

 
共に初期トラブルに見舞われた機体ですが、787の早期原因究明、復活を!!
 
 


珍しい瞬間でレアなカラーがツインでランデブー~