動画(Youtube)

Loading...

2012年3月31日土曜日

回復傾向




おかげさまでございます。
峠を下りつつあります。

体温が低体温ながら元に戻りつつあります。
しかし低いのも妙ですね。



まだふわっとすることはあるので、明日急な登山!等は無理ですが、
平静の歩行には支障が無くなってきました。


より免疫力を高めるにはどうするか、が今回の課題となりました。

本番前だったらゾッとします。



多方面の方々からたくさんの激励、励ましのお言葉を頂き、
感謝しています。誠にありがとうございました。



2012年3月30日金曜日

最後の峠に




長い闘病生活もようやく終わりに近づきつつある感じがしなくもありません。

様々な形でご心配のお声を頂き、誠に感謝しています。



高熱を耐え抜き、再び通院し、注射をぶち込まれ、投薬をされ、

現在、34度1分等、もはや「何もかもどうでも良い」~といういじけたテンションながら、

それでも相対的には高熱に比べればまだ全てがまし、と感じます。




ドクターいわく

著しく免疫力が低下し続けている」そうです。


著しい・・・


確かに自営業に休日などありません。
しかし、地方巡業がないだけ幸せ者です。芸人を含め、若い人たちは大変そうです。

年齢的にも色々と改善せよという警告に思います。



とりあえず今週は静かに静かにし、来週はほうれん草のおしたしでも、
歯の被せが取れないような生活に戻りたいと思います。


多分、次の文章は「キャ~宝くじを拾ったら45億円当った!」

などという夢をみた、とご報告出来ることでしょう。


因みに、今日の夢は、

イギリスの師匠フィリップが様子をみに家まで訪ねて来てくれたのに
せっかくの近日開催のコンサートのフライヤーが見つからず、
身内に怒鳴り散らした!!という、現実では絶対にないハナシでした。。

(絶対に無いのは、怒鳴り散らす、方です)




2012年3月29日木曜日

おまけつき




今日はおまけが付きました。



一日解熱しないと決め、出るんなら出る時出ろと!



とにかく引き篭もりました。
色々な夢をみたもんです。
「インセプション」という映画もみました。




しかし熱も夕食時には高くなりますから、
お前は「食うな」というお告げかと。


いや、食べなければモデルのようにスリムになってしまう!
何とか食べるという気持ちを奮い立たせ、ほうれん草を噛んだ瞬間っ





治療半ばの右下3番の被せが、取れました・・・

田舎のお爺のようでキュートです、わたくし。





ここまでくりゃあ何か良いことが起こりそうで、楽しみで仕方ありません。





2012年3月27日火曜日

絶不調、好評継続中・・・/。^「





絶不調!!が続きます。


ただ、ご心配はいりません。
さすがに生存には影響ないことでしょう。


最近は元気を保つために努力や投資をしていたものの、
神経から何やらが、一気に爆発した模様です。






治った感!と思ったらまた発熱。

自営業だけに仕事は休めないので行く、帰ってきて発熱。

熱がようやく安定感、しかし急に腫れぼったくなり、汗がどわっ!
それが冷えてゾクッ(-_-;)に加えて偏頭痛。





内科医にも行きました。
インフルは陰性だが、ドクターいわく


「隠れインフルかもしれません・・・」


「・・・・かくれ?・・・・」




皆様にうつさないように配慮をします。




と、言いつつ、歯の治療は慣行。
先生方はマスクをしているから良いだろうと。



勿論、調子の体調が悪い旨、申告した上で、
いわゆるかなり歯の奥の根っ子の治療で麻酔や待機で85分・・・

抗生物質に痛み止めに化膿止めが処方され・・・・。
(これで治るんちゃうかと・・・)





もはや、慢心創痍の典型でしょうか。







しかし、将来健康になりたい。
医療費、薬代って凄いですよねぇ~(-_-;)




熱が出たら、菌と闘うために出しなさい、だそうです。

しばらく病床に伏すことに決めました。



ご心配頂いている方々、誠に恐縮です。

ご心配なきよう。大丈夫です。ご報告が出来るわけですから。





敬具









2012年3月24日土曜日

痛し痛し





Wi-Fiが飛んでない、しかしLANケーブルがある時にさして使う代物!






しつこいです、今回は。

熱はひきました確かに。



しかしだるい、ざわつく、喉が赤い、に加えて、歯まで痛くなる始末 ☆⌒(>。≪)


普段の不休が一気に、しかも加齢から来る細胞復活の遅さに拍車がかかり、
おうじょうしてます。長い・・・。


次回には復活宣言を!!





☆体調と写真は関係ありません☆


2012年3月23日金曜日

7等当選




まぁ10枚買えば一枚は7等ですわ。


去年もオトテール作品集をしたものの、
演奏会売り上げは東日本の震災に寄付をしました。

今年は寄付しようにも、逆に寄付を募るべきのような
状態で、ならばせめてと思い「復興くじ」を購入しました。



欲が無い上に体調のここんとこの回復がとても遅いために、
パソコンのニュースで当選日を知ったわけです。


まぁ、換金はしないでおきます。



1億でも当たっていたらどうするか?
という議論ですが、私は「当たらんわな」と。

今回、末尾の数字が極端に似ていましたよ。



地道に参ります。



喉の腫れがひかないために、もうひとつですねぇ。

免疫力、抵抗力の低下が続き、今からインフルにかかりそうですので、
くれぐれも「妙な刺激」を受けないように、怯えております。











2012年3月22日木曜日

ごきげんよう (おはようございますぅ、を先にお読み下さい)




今日は在宅ワークです。


ただ、身体のダルさは最高で、多分これをロシア系比較形容英熟語で


「ダルビッシュ・ミー」


とでも言うのでしょう。言いませんか。



疲労の中、またご案内を差し上げますが、
5月末に兵庫県立芸文ホールにて古楽オケと合唱を
不肖わたくしが指揮をするに至りました。

今日などは共演者の妻と共にスコアリーディングをせねば
そろそろ始まるリハーサルに間に合いません。


H・パーセルの「インディオの女王」という素敵な楽曲ですが、
リコーダーも組み込まれており、独特の世界感があるために、
読み込むのには相当な神経を使います。


当然、プロの集まりで、造詣の深い先輩奏者もおられます。
アインザッツ、転調、テンポ変化なども仕事としては
指示を出さねばなりませんから、自分がぷぅぷぅ吹いているのとは
また違った本番になるわけで、
在宅リーディングとはいえ相当に神経が疲労しました。



まぁ、それは仕事ですから当然として、




ショック!!な出来事が。



こういう日の最適な趣味は、HDDにある番組をDVDなりのメディアに
移す作業。

で、大切に大切に保管していた世界の空港番組の撮り貯めを
BR-REに移した。成功した!と思ってHDDを消したら・・・


そう、失敗していました。(;´Д`)


ついてないですぅ。

どなたか「ワンダーエアポート」というBSの番組を撮り貯めておられませんか?

多分、おられませんね。




気弱なときに行う作業は選べ、という啓示でしょうか。





しかし、平熱になりました。




おはようございますぅ




前の記事から数時間経ち、朝を迎えました。


おかげさまでございます。



平熱を少し下回る程度の5度6分。

昨朝は9度4分でしたので、効果絶大!



メンタルも持ち直して来ました。



たいてい、もっと早く通院すりゃよかったのに、
と思いますが、全くその通りです。



明日はもう普通の人になるでしょう。




きっともう治りました。
そうです。

そうに決まった!!

今日はゆっくり読書と譜読みに専念するつもりです。


\(^^@)/


追伸


で、これも解せないのですが

医院の待合室にはしっかりと
「携帯電話の通話はお控え下さい」
と張り紙がされているのですが、

いわゆる人類種別で言う「おばちゃん」(奥様でない!)達が
完全に無視するのは、神経構造の図太さゆえでしょうか。
賢者とは言い難い。


また、満員のソファ三席を荷物とコートで独占するものだから
(←別のおばちゃん)私が処置を終えて、会計を待つ間、
仕方なく血圧を測る用の丸いすに腰掛けて、気まずく時を
過ごしたのは言うまでもありません。

しかもお二人ともえらくお元気そうでした。


次回はしばき上げて締めてやろうかと思います。





風邪のしめくくり①




通院その1、その2を前記に記入しましたが、
その後、「ぶち込んだ」ビタミン注射なりのおかげか、はたまた
食前の漢方薬+食後のそれなりの薬のおかげか、


いきなり発熱はなくなりました。

いきなりぃ発熱が無くなりましたのですぅぅぅ♥(若い感じ版)



おそるべしバイタミン!!


一週間以上続いた「ざわつき」は無くなりました。
まるでイタコにマリリン・モンローを除霊されたコアなファンのようです。




今から入眠に入りますが、どこか朝方で高熱を発しなければ、
事無きを得るでしょう。



思えば、通院する医院のドクターの皆さんは半分以上は私より若く中堅ですが、
医者(個人医院)は世代交代が極端にうまくいっていますね。

先端設備、丁寧な言葉、確実な情報量、本物の経験値、シビアなマーケティング、モラル等、
失礼ながら昔のおじいちゃん先生との時代とはもう全く違います。

しかも優秀な若手のドクターが現場で経験をつんで他人のふんどしで
開院していないのも時代の流れでしょうか。素晴らしい。

決断力と本物の技術があるという共通の点は昔と違います。



因みに、喉が腫れていたようで、投薬の指示があり、
その後、効果絶大のため、私の声が「ささやく森進一」になっていますが、
お聞きになりますか?



また、明日、ご報告ををば。



おやすみやさい。


2012年3月21日水曜日

内科通院その2





結果、インフルエンザではありません。
ただ油断は禁物です。
ただの風邪ですね。


安堵ですわ。




支払いの後、調剤薬局に処方箋を持参し待機。

程なく呼ばれ、質問攻めにあいます。


☆今、飲んでいる薬を教えて下さい。

★「はい、これとこれで睡眠系です」


☆今までされた病気を教えて下さい。

★「はい、高校時分EBウィルスで一年休学しました。
その後、肝炎、自然気胸、ヘソ裏結石でしょうか」


やさしいベテラン風の薬剤師の方が

☆「あらぁ~沢山の苦難を乗り越えていらっしゃったのですねぇ~」


★「いえ、それこそ全部それほど重大な疾患ではありませんし、
ヘソなんか開腹手術で長時間だったのに結構みなさんに笑われるんですよ、
癌に比べれば結石で済んだ、と前向きに思考しているのです」





しかし、投薬が多いので「お薬手帳」を作った方が良い。と勧められました。
とんだジジイ気分で負の春です。作りました。飲み合わせのためですね。


東日本での教訓でもあるのだそうです。
自分に与えられている薬の名がわからなくなる事態が頻発したとか。
「手帳は流されないんですね」なんて聞かないの(^。^;)」



さて、帰りに近所の電気屋で駐車場代金対策のためブルーレイディスクBDーREを
購入、しかし980円で20円足りない。千円買うと2時間無料です。

レッスン室の切れた電球を買って合格。





さらにグラソーのVitamin Waterを買いにコンビニへ。
少し元気になるので、本番で飲むのです。
ついでにコーヒーフィルターを買おうと思うもそこに無し。

大型薬局に行ってゲット。


あっ。少し元気が出てきたから、NON アルコールビールを飲もう、
と、またコンビニに。



で、全く解せないのですけど、


レジで「年齢確認を行います」
店員が「ボタンを押して下さい」


はぁ~(-_-;)



「われ、わしはどう見ても19以下や無いやろボッケ~!!47じゃわれぇ!」
第一、アルコールが0.00なら赤ちゃんが哺乳瓶で飲んでも良い飲みもんやんけ~、あ~?!
マニュアル通り過ぎるわっ!アホとちゃうか!融通と状況判断をせんか~い!(怒)」


と、怒鳴り散らしたりはせずに、

「はい」

と言って「20歳以上」ボタンを押して帰宅しました。



因みに、すでに熱が上がりません。
多分、もう少しで負の春が、運気上昇に変わるはずです。

ここまで落ちた春は生まれて始まてですからね。




ありがとうございました。



内科通院その1




休日は忙しいものです。



今日は朝方39度4分までブッチギリ、さすがに中老体にはキツい。
しかも解せない。熱だけなんです。

ついにはオトテールの呪いか?と非科学的な事まで考える始末。

悪いことはしていない、むしろ時代考証に基づき、研究し、少しだけ
己の音色を投入したのに呪われたらえらい事です。




夕方まで航空学と経営学の勉強をし、夕方は歯医者さんに。
一応、(解熱はしているものの)発熱中という旨、申告しました。

治療によっては更に悪くなる恐れのある「根っこ」の治療は延期になりました。

で、歯医者の先生の方が「ごほっ!ゲボッ!」




「先生、風邪ですか?」
「そうなんですぅ。滅多にひかないのに」


最後には「お大事に」と相互に声をかけるという状況に。
ドクターに「お大事に」と言ったのは初めてです。





で、人生にやり残している事がまだ少しだけあるものですから、
事前にネットで調べておいた、良さげな内科系の医院への急襲を試みました。



☆根拠は、

一般的な内科治療は勿論、呼吸器科、睡眠、ニンニク注射、鼻から胃カメラ等の
先端治療っぽいトコロ、院内の清潔感や機器です。


突撃して、まず臭いがないわ、丁寧親切やわ。
問診票への足りない部分へのナイスフォローやわ。
なにより綺麗でホテルのロビーのような待合室には今を感じました。



程なくして呼ばれ、診察。



先生の的確な質問と分析に納得。

☆「インフルは疑いませんでしたか?」

★「はい、人混みは嫌いな上、避けられる仕事でして、16年前ほどなっていませんので」

☆「ワクチンをうっていないなら疑わなくてはいけません。一応、調べましょう」



鼻の奥にぐぉぉぉぉぉぉっと綿棒ような物を差し込まれました。



☆「10分で結果が出ます、でその間にビタミン注射をぶち込みましょう。インフルなら
その薬も後でぶち込みます」


ぐぅ~(-_-;)「ぶち込む」ってセンテンスが何ともプラシボ効果で効きそう。
しかし的確な判断力と処置だと思いました。




凄い時代なりましたね。先生の判断力、決断力が早い。
私より若い。説得力がある。説明がうまい。
裏付けと経験からくる自信みたいなものが勇気を与えます。




解熱は楽にはなるが、身体が細菌を殺すために熱を上げて闘うのを阻止して、
かえって増殖させてしまうので、「ロキソニン」は御法度だそう。
抗生物質もいかんのだそうです。
薬の進歩も説明されました。


要は健康体の「痛み止め」になったんですね。ロキソニン。
それに変わる「カロナール」という少しふざけたような名前の薬を頓服として処方。


一時代前は風邪といえば、お決まりでPL顆粒とロキソニンに胃薬でしたから。



で、処置室に呼ばれ、ものすご~~~~~く優しい看護師(但しベテラン)
の方に、点滴ではなく、ものすご~~~~~く長い時間をかけて、
ビタミン注射をされました。手動です。お話もしました。

先端医療についてです。


痛くありませんが、途端にドリンク剤のような匂いが頭蓋骨内に広まりました。



さて、長くなりますから「その2」に。




その後の後




いけませんねぇ~扁桃腺ですね多分。


年齢40代後半で39度が続くって。

でもって、解熱したら35度でフラフラ。


薬の効果が薄くなると共に熱が上がってザワザワ。

食欲が減退し、やせやせ。


仕事はするのでヘロヘロ。

でも、あらゆる風邪の症状は無いのでなかなか。


そろそろメンタルがネガネガ。

ダイエットと考えればポジポジ。




しかしですわ。

これから久しぶりの連休ですわ。




発熱発症時期もプロですな。(自画自賛)




追伸

ご心配を下さる一部の方々に恐縮しております。
ありがとうございます。私は大丈夫ですので。

ましてや「よりスリムになる」と考えると演奏家としては「アリ」でございます。



2012年3月19日月曜日

その後




その後、どうもざわつき、ふるえがとまらんが、小忙しく動いていたら39度まで上がった。
この小忙しいのがいけない。まだ中堅だし、レッスンプロに成り下がらんように注意だ。
自戒の念。


しかし、ひとつの「作品をつくり、仕上げていく」ことでは「身体はぼろぼろ」になる、
というのは当たり前で、よくわかる!という同業者のある先生の言葉に救われた。


愛弟子が倒れるのも考えてみれば愛おしいハナシだ。





性格上、吹き散らかして自分が好き、とかなら良いですねぇ~
なんて語っていたが言い過ぎか。





小忙しいもんだから、解熱剤を飲んだら低体温が続き、ふらふらである。




健康第一ですね。



くすん。

2012年3月18日日曜日

悪魔の所業か




件のジャック・マルタン・オトテールの楽曲を中心とした、3月初旬のリサイタルシリーズですが、
二年をかけてほぼ全曲を演奏して来ました。

関西では非常に珍しいのと難しいのはご承知の通りです。



まだ、数曲は残っておりますので、多分、来年に企画をすることでしょうが、

私のいわゆる「Aチーム」のメンバーが終演後の数日のうちにバタバタと倒れる、
という悪夢が連続したようで、その原因を追究中です。





♪解説♪


「Aチーム」とは、

共演者、愛弟子、調律師、スタッフ、スポンサー様を含む、ひとつの音楽を作り上げる上に
於いて、協力をして下さった今演奏会用の優れた人間組織名。
例えば、自動車レースのF1に象徴されるドライバーのみが、走っている訳では無い的な事象。


「原因追究」とは、

その発熱の根源。
例えば前時代的な「ギャラが提示されない、払われないまま延々」
などや、パワーなハラスメントなど心理的要因による信頼関係をぶった斬る
急速的自閉症に近い症状。または完全な被害者。




トップとしてケアがまだまだ足りなかったのか、適材適所だったのか、を反省しきりです。





まず、弟子のAさん(とにかく優秀)とBさん(今回は拝聴者)が終了翌日発熱の連絡あり。

共演者の妻が急に心労でダウン。「寒い夜、窓開け空気を吸う妻よ」
これは私の処方で事なきを得たが、相当精神的に脳が疲労したようでした。
特に「ホ短調」にやられたとか・・・。



しかし


・・・・みんな・・・(;´Д`)

わたしは、悪魔か?



みなさん凄く良い人で、かつ私はプロでありますから、一切の感情的な言動はしないし、
当日は全てが極めて順調に進行していったのに、何だかごめんなさいませ!



結局、見えない何かが皆さんの扁桃腺や脳の一部辺りに緊張のパワーを
送ってしまったのですね。



確かに、一度だけ調律の違和感で凛とした瞬間はありましたが、
怒鳴り散らしたりは品性下劣の問題外で、穏やかに上質に黙々と作り上げていったのに。



お聴きくださった方、発熱なさっていませんか?
少し心配になってきました。



で、現在は私、37度3分という発熱状態が随分続いております。
「責任感性自虐症候群」 みんなの発熱引き受けるぜ!
一週間経ったのに・・・。



やっぱりリコーダーに「リリシズム」を追究すると「悪魔」が現れるのかもしれませんね。
でも、吹奏楽のようなボーボーバーバービボーバーは私には無理です。

{注意} ↑嗜好の問題ですが。



もっともっと美しい音楽を=というシンプルなロジックは普遍ですが。



どうぞお大事になさってください。





はい




2012年3月14日水曜日

2012年3月12日月曜日

公演終了 映像付きです



先般、開催した私のリサイタルは、それはそれは素敵なお客様!!最高の共演者の二人、
自分の限界を突破して能力を高めようという愛弟子達によるスタッフチームの完璧なサポート、
細かい要望に応えて下さった調律師の方々、スポンサードをして下さった三社の御協賛のもと、
二公演を無事に終了致しました。


甲東ホールにて少しだけお話を致しました。(兵庫)



バロック音楽のお好きな方々、聴いて学ぼうという方、そしてバロックとしてのリコーダーに
ご興味のある生徒の方々、学生さん、種々様々なお運びを頂いたみなさまに
こころより感謝申し上げます。



バロックチェロ、チェロピッコロのインフォ中 (大阪)


何より、場の緊張感を共に創り出して頂いた事で、
相当にセンシティヴな奏法が可能であったと思います。
いわゆる普通のリコーダーサウンドのイメージとは異なるかもしれませんね。



調律法、装飾法、ダイナミクス、形式、様式という言わばプロとしては当たり前な事項にも
メンバーや関係者全員で喧々諤々、正面から向き合いました。

例えばですが、チェンバロの調律であれば「ラ」と「レ」の間を可能な限り広げる。
それによりニ短調を「より哀愁のある響き」にどこまで近づける事が可能か・・・。

それに対して、調律師の方がどれだけ応えて下さるか。聴感覚的に自分に合うか。
また、リコーダーは替わるものの、ホ短調の感覚をそのまま維持し演奏可能か・・・
「平均律」などここでは全く概念の外になるわけです。


バランスと感覚と進行と・・・


一般の方々には裏事情になるでしょうが、こういうことをしておりますから、
食欲は皆無、加えて胃酸の出方は半端ではありません(本当の裏事情)







私は信念を貫き、ただただ無骨に「芸術作品に取り組み、仕上げる」というロジックを
持っていますが、御興味をお持ち頂き、もう少しお付き合い頂ければ嬉しく思います。


最後に、お運びを頂いた方で、
次回のご案内をお許し頂き、また項目外にまで素敵な御感想を御記入頂いた
方がとても多くいらして、大変感激致しました。誠にありがとうございました。



また来年、研究と訓練?の成果をお聴き頂ければ幸いです。







Youtubeにアップされています。ご覧になって下さい。

↓↓↓


オトテール Air
http://www.youtube.com/watch?v=dJZP47xcIBI


アンコール Air
http://www.youtube.com/watch?v=CvPqz2PHLa8





2012年3月11日日曜日

公演プログラム







本公演は従来ながら

「竹山木管楽器製作所」様、

「アンリュウ・リコーダー・ギャラリー」様

に加え、新たに、

「アロマ・フランス株式会社」様に御協賛を頂きました。

御礼申し上げます。



2012年3月10日土曜日

ジャック・マルタン・オトテール作品集兵庫公演







昨夜、開催した私の「ジャック・マルタン・オトテール作品集」兵庫公演に
お越しを頂いた皆様、そして学生の皆さん。
お出掛けを頂きましてありがとうございました。


少々専門的ではある事は重々承知なものの、古楽の、またフランスバロックの深層を
お伝え出来ていたら、大変嬉しく思います。


一時は開催を危ぶむ位の世間の無反応さに、営業の難しさ、セルフプロデュースの下手さ、
自己顕示欲の不足などなど、心が折れる時があったのは正直なトコロですが、
蓋を開ければ、沢山の方々に足をお運び頂き、とても嬉しい気持ちでした。


その独特な表現とテクニックのために、実は相当綿密な準備を行なっておりました。
性格上、付け焼刃では演奏不可能な性格だけに、時間も相当かけ、実際に本番では
少々緊張感を伴いましたが、皆様の素敵な拍手に支えられ、アンコール最後に
思わぬ事件が起きた!という訳でございます。


テンションを維持したまま、明日の大阪公演に備え、今日は整体と体力温存なのでございます。








またの機会にも是非ご検討頂けるよう続けて、研究、練習、体力増強、集中力、歯科治療、
自然治癒力、を高めて参ります。




誠にありがとうございました。



抜群の通奏低音群は私にとってのバロック「Aチーム」です

そして愛弟子でスタッフの「Aチーム」。完璧でした!!

2012年3月7日水曜日

合併によるラッキーな事象の恩恵




憂いてばかりではいけない。
日々精進すれば、思わぬご褒美にありつくものだ。


またまた、マイレージの話で恐縮だが、興味のある人は
おもしろいだろう。


航空産業の合併が激しい昨今、
例えば、ノースウエスト航空がデルタ航空に吸収されたように、
大手のユナイテッド航空とコンチネンタル航空が今度合併に至る。

双方にマイルを貯めていた私と妻は、次の研修旅行のために
久しぶりにサイトを確認してみたのだが~

何と!!!、マイルまで合併してくれているから、あろうことか、
例えば私のUAマイルが15万マイルをゆうに越しているというデータが
確認出来たではないか。その気になればファーストで欧州往復可能だ。



つまらん日々でのちょっとしたプレゼントだろうか。




これで、春に行われるアムステルダムのリコーダーフェスと
http://www.orda2012.com/en/competition/the-jury/


ドイツはフランクフルト近郊で行われるストックスタッドの
リコーダーフェスに研修に詣でるつもりだ。
http://www.stockstaedter-musiktage.de/




学者家系の宿命か、自分の研修が至極当然なため、
結構大変だが、それこそ努力の結晶で基本的に
タダでビジネスクラスで往復出来るとは成果にほかならない。


会社員で会社の出張で貯めたのでは無いだけに、
その真価が現れた形と言えようか。


小さい話だが、実際は大きい事ではないか。



また、様々な情報を持ち帰ろう。



マイレージ、初めてわかる、ありがたさ。




5種類はしないとね。

参考までに、
ANA、JAL、UA をゴールドカードまたは中間カードで所持。
KLM,デルタ連合、独立系を所持する。

アライアンスが同じでも期限を研究しなければ
パーになるので注意だ。

価値が大きいだけに目標をたてて、己の努力で
世界的見聞を広めてたいと思っている。


マンモス、うれピー!




と、言いつつ、理不尽な事も多々あるので、あくまでも「趣味」
でお薦めします。