動画(Youtube)

Loading...

2018年4月24日火曜日

えぐい睡眠負債



ブログなのでワタクシごとですが、例えば滅多にない事が続き、新学期で、など。神経と単に軟弱なフィジカルで生活リズムが壊れてしまい朝の5時に目が覚めたら地獄、何とか数時間眠るなどの「努力」が必要な時期があります。
努力は必須で、人前であくびをするのも車の運転等にも影響しますのでいけません。


さて、新春の週4日6コマ:種別3種類の授業に加え、5月、6月にその道の東京の諸先輩からのゲスト出演依頼など、日常に加え、光栄ですが緊張感を伴うリハや連絡、お食事時間等が加わり、それは光栄で「上手い奏者」にお相手戴くのですから凛とします。トータルとして脳の興奮もしますからひどい睡眠負債になる連鎖。タダでさえ地方軽視の我が国ですので踏ん張らねば関西の名誉に差し支えます。


その道の高名な先輩にお誉戴く事や、そちらの表現を好む集団の愛好家の方々の所作や手厚いケアなどに触れて驚くばかりだったりします。先生のお車の運転手、お食事を共にする大人な方々等、いわゆるスタイルが完全だったりするのですね。溜息が出るほどおいしいお店にお連れ戴きお話をしたりと楽しい事。これは羨ましい。なんでも自分でしようとする人生を送って来たからこちらは人を車で送る方ですw。

近々では台湾から妻の教えを乞う若手鍵盤奏者が来るそうで、通訳に食事、送迎にとこれまた日程調整などは大変です。

私の目標は楽に稼ぐことでしたが、世の中が変わり、功名は薄く、現在は全くの自動車操業でほぼ大学授業にお稽古、そして来る演奏会への練習、生徒さんの発表会などの準備に明け暮れる暇なしな毎日になってしまいました。これからはお断りするレッスンなどもあるかもしれません。

ゆっくり眠るのは「死に時」なのかとワーグナーのオペラみたいな事を思いますが、医者に処方された数多き睡眠系の薬ももはや効果しない状態。その医者に相談すると「眠れない日もありますよ~」と医者とは思えぬ平和な回答。これ以上は出せない量とも言われた次第。

講義演習で学生から最近、聞き取りにくい、などと言われる始末で、口もまわりませんし血圧は安定の160です。



どうぞ近々のコンサートに足をお運び下さい。聴いて頂けるうちにですねw

2018年4月17日火曜日

忙殺と口内炎




口内炎は口内に常駐している「口内炎菌」が免疫力低下の身体を狙って稼働するそうです。胃が悪いとか精神面等では無いと専門家に聞きました。結果、忙殺されると力が弱るので攻撃されるという事ではあると思います。



本年度は激しい悲喜交々。別に忙しがっているアピールではありませんけど珍しく忙殺の処理を思い出のために記しておきます。詳細など書けるはずはありませんが。



私の場合は日曜が始まり。これはお稽古などを兵庫から大阪の場所に移動して行います。
月曜は90分4コマを豊中の大阪音大にて総計80名に喉を鳴らします。既に過労。
火曜は教室を神戸市中央区にて行い新事業開始のために帰宅後北区の現場を見学へ。
水曜は京都市芸大にて37名程。学生の真面目な食いつきにたじたじです。
木曜は限りなく奈良に近い大阪教育大で確定16名。同上。
金曜は大阪南のアンサンブルから移動し大阪音大で異なる授業をゼミ形式で。その後また大阪南に移動して面会。
土曜は休日ですが全ての仕事の用意と教材研究。


で、新しく開始しようとした大阪の教室が急な騒音苦情のために急遽中止になったりしました。お申し込み戴いた方々には本当に申し訳なくかつ悔しく思います。

これは連絡業務についての勉強になりました。
いわく、相手への緊急連絡と相手側からのレスポンスを戴く用意を完全にしておく事。
直前にメールを確認戴く事がリスクマネジメントになるかと思います。

結局出掛けて万一に備えるという、、、今後の違う場所も探さなくてはいけません。
反面、神戸市北区の新しい教室はあと数人で満席になり、心が救われました。



で、口内炎がぱっくりナウです。




2018年4月15日日曜日

客演



テレマンの作品をお届けする演奏会へ客演でお呼び戴きました。
6曲中5曲に技巧派のリコーダーパートが登場します。
名曲だらけですが滅多に聴く事は出来ないかもしれません。是非お出かけ下さいませ。


2018年4月10日火曜日

アンサンブル教室開講のお知らせ(神戸市北区)



この度、神戸市北区に於いてリコーダーのアンサンブル教室を開設します。
基本的に月の第1火曜日の午後に神戸電鉄岡場駅至近の北神区民センターにて。
(駐車場有り)

詳細は以下です。

******************************


北神戸リコーダー倶楽部(KKRC) 2018年

 13時30分~15時00分 (90分)

●参加費:3.000円+施設料 500円=3.500円(毎回ごとに)

●条件:
アルトリコーダー演奏を基本と致しますが、
リコーダーの運指を理解されている方、
また、各種サイズの楽器演奏にご協力戴ける方

楽曲、譜面台は当方で用意致しますので、
アルトリコーダーをご持参下さい。


●日程:全て第1火曜日

5月1日:神戸市立北神区民センター 音楽室2
6月5日:神戸市立北神区民センター 音楽室2

7月3日:未定(会場の「抽選」で決定します:以下同じです)
8月7日:未定

9月はお休みします

10月2日:未定
11月6日:未定
12月4日:未定


●安易に欠席をされないで下さい。



お問い合わせ&お申し込み:秋山 滋
shigeru515monteverdi@yahoo.co.jp


******************************

2018年4月6日金曜日

何かおかしい



大阪の専門大学での「本当」のお話なんですが、驚かないで下さい。閲覧拝読注意。


古楽演習をリコーダーで、という授業を先輩の先生からご推薦まで戴き、引き継ぎ戴いたのです。私にとってはド専門ですし光栄なことです。コインパーキングに止めてお金を支払ってでも行きがいがあるでしょう。ついに28年目になりました。ベテランですか?

京都の大学(駐車場あり)では隔年開講ながら25年近く行っていて非常に安定した授業なのですが、
この日に長年行っている午前の私を大事にして下さる南大阪のアンサンブルの仕事もこのために半時間繰り上げて戴きつつ、高速道路で移動し、まぁ大学側にも曜日の指定を受け入れて頂いて、現在教室におりますが、


現在、だれも現れませんわぁ〜!!!


5人くらいいそうなもんですが〜〜〜



予想出来る事ではあるんですが、まぁ昔の先生は良かったね、というハナシです。



これは事実です。
私の「こころ」の問題をどうしましょうね。


追記::

結局のところ6コマの予定が履修登録期間以前に2コマ不開講通知。
(掲載しましょうか。)
しかも書類も各部門の担当の偉いさんからのメール通知も事務の書類からのほぼコピペという無能さ。せめて自分で作文しなさい。もちろん会いにも来ませんから上から体質は30年変わりませんね。嫌ならやめろというパワーハラスメントの元祖ですね。

国内でもネットなどで記事をみますし大きな問題となりつつある問題ですが、「お前は一年間ここを空けておけ、すまん仕事無しになったから来なくて良い、支払わん、」というロジックが理解出来ないわけです。0人ならまだしも数人の受講希望を切ってまで開講せずに恥ずかしいような額の給与も支払いたくないそうです。

こんなところに数百万も払って進学は絶対にやめてください、という風潮は確かにじわじわ浸透していることを正社員は自覚がないようで、それは今後にも人間的にも確かに気の毒な事です。

とにかく国公立に行きましょう。この経験と屈辱はありません。









2018年3月29日木曜日

お知らせ:受け付け終了「船場リコーダー倶楽部」



再募集と変更のお知らせ

船場リコーダー倶楽部ですが、諸般の事情により場所を少し西の
「堀江アルテ」14時開始の90分に変更とし、

「堀江リコーダー倶楽部」として5月15日から再募集を致します。

上限を十数人までとして5月から開催致しますので、まずはアルトの基本から始め、
徐々にアンサンブルに移行してゆく内容でご興味のある方はご検討下さいませ。。

https://www.horie-arte.com/

詳細は shigeru515monteverdi@yahoo.co.jp までメールでお問い合わせください。

***********************************

以前にご案内をいたしておりました、

新しく開設する「船場リコーダー倶楽部」について、

日程が近づきつつある事と、残りが数席ですので最終のご案内を致します。

定員を満たしましたので受け付けを終了しました。
ありがとうございました。


同時に土曜に行っておりました「長堀リコーダー倶楽部」もこの3月を持って終了しました。
ありがとうございました。



★2018年4月から12月までの計9回、(種々1回ごと、とお考え下さい)
 第3火曜の13時半から15時まで(90分)

大阪市中央区南船場(大阪市営地下鉄長堀橋駅①出口から徒歩1分)にてアンサンブルを楽しむ「船場リコーダー倶楽部」を開設します。

指導は私が行います。
ご参加は、リコーダーの運指をご理解戴いている方に限ります。



詳細、ご参加は shigeru515monteverdi@yahoo.co.jp  までお問い合わせ、お知らせ下さい。

初回はモダンピッチのアルトリコーダーによるバロックの楽曲で合奏を致します。
ご自身の楽器のみご用意下さい。