動画(Youtube)

Loading...

2017年12月15日金曜日

移動の無駄さ@KIX~SEOUL



縁があってこの時期だがソウルの飛ぶ。
関西は存外、安近短なのは良いのだが、どこの空港もターミナルでの出来事でストレスが多い。

毎週移動するなんて仕事ではなくて良かったとつくづく思う。
待たされる、並ぶ事に疑問を持つ性格なのだから仕方あるまい。


自宅から自家用車で1時間程で関空に。
関西の空港にはKIXカードというモノがあってポイントが貯まり何かと優遇されるので便利だ。
例えば駐車場などは一日無料になるし、それ以降にも割引になるので最近の空港の駐車場は存外車が多い。


今回はピーチ・アヴィエーションの5便で午後12時45分発の便が往路なのだが、これがターミナル2(1から連絡バスで7分)を使用している。
復路はアシアナ航空なのでターミナルは1。さて自分の車をどうするか。
元気なうちに1に停めておいて、帰路を楽にしようという事に。


でもって、(特段に混まない)連絡バスでターミナル2に移動する。
LCCの自動チェックイン機が2時間前に起動するのだが、10分程前に到着してしまう。

それでも韓国人らしき乗客が30人は並んでいる。
かえって半時間後等に来た方が並ばないのだと思う。
で、預け入れに荷物に並び、Wi-Fiを受け取り、荷物検査に並ぶ。
出国は自動ゲート使用だから良いが、機内に入るのに並ばされ、飛行機直前で並ぶ。


さて、国力低下の側面をみたが、使用機材遅れのため遅れます~は良かったが日本語と下手な英語のみでアナウンスされるから韓国の人たちは遅延するのにぞろぞろゲートに並び出す始末。我々日本人は理解するので待ち合いに着座しているのに気の毒な事。結局、25分後にようやくだったのでまぁ忍耐深い方々なのかと思う反面、なぜソウル行きなのだからあちらの言葉でアナウンスして上げないのだろうと思った。

搭乗規制には厳しいルールがある反面、安いから遅延してもそちらの言葉ではアナウンスしない徹底ぶりは見事だが、日本人の力としてはどうかと感じた。
親切心に欠けるではないか?
興味深いのは横から出発する中国資本の春秋航空のアナウンスが中国語優先で申し訳程度の日本語が後からプラスされていた事だ。これはあちらの国力かと思う。



さて、極寒の地に向かうのはそれほど嬉しく無いのは正直なところだ。
南国に向かうキャピキャピ感が全く湧いて来ない。
どれほど寒いのか、や、現在の情勢も情勢な故だろう。
仁川(インチョン)空港などは38度線ギリギリにある町なのだから怖い事である。

ソウル市内はマイナス一度

今日は市庁舎駅で待ち合わせ、夕食にて以前数回共演したジ・ヨンちゃんと会食。
とてもスキルの高い謙虚聡明な女性奏者で音楽を作るパートナーに最適な人物。
秋口に日本に招いてコンサートを催すつもりで楽譜を渡したり骨子を話したり日程を聞いたりする訳だ。



明日は夜に東大門から程近い空間で知り合いの日本人グループに依頼されたライブコンサートに出演。あさってには帰宅して、週明けはまだ続く大学の授業に出ねばならない。


で、半時間も遅延でソウルに着きそうだが、さてこの続きはどうなるやら。
バスで楽々ホテル前か専用空港列車(バス代の半額=さらにJCBで数割引き!)でソウル駅経由の地下鉄で行くか迷っている最中な機内。

*****

いつもの通り格安航空の少しだけグレードアップの最前列の1番席に座っているが、ABCは0人、DEFは日本人。珍しく後ろも0人という状態。
だからどうした。はは。


到着して降機したは良いが、入国審査までの移動には移動電車に乗らねばならず、もの凄い人で乗れない人もいる始末のぎゅうぎゅう。

並んで乗っているが同じ扉が開くため後の人が先に降りる始末。
二つあるエスカレーターは一つ故障点検中で凄い事に。
エレベーターで難を逃れたが入国で並ぶは並ぶ。まぁこれはどこでもあるかもしれない。
荷物は既にまわっており、すぐに取れたので良しとしてここからまだまだ修行であった。


リムジンバスで以降と決意したのが間違い。皆さん絶対に乗っては行けない。
まず大きな空港なので乗り場か二つある。
11Bで待っていると5Bに行けという。これで既に一本逃した。

バスに乗ると三列シートで快適なのだが、如何せん週末金曜の夕方のラッシュにかかったのだった。

待ち合わせが18時なのだが、目的地のバス停についたら18時5分。そもそも70分の予定に110分を要した。
バス停とホテルが近いので便利だが、時間を見る感覚がいけなかった。

何とかネットを使って連絡はしていたので先方には待たせて悪かったが、気が気でない。
よほど余裕が無い限りはもう一生乗る事は無いだろう。
大都会のえぐい渋滞で自律神経は崩壊した。


ホテルは数回来ている気に入りの小さめの上品なザ・グランドホテルミュンドンという所で、以前にお得意様カードを戴いたので提出したらば、2ランク上の広いお部屋になってこればかりは最高。

しかし、チェックインの後、シティホールまで(途中両替をして)駆け足で歩いたのでまぁ忙しい。何とか彼女に会ってとにかく遅れてごめんね、と。
逆に彼女が指定した場所で少し難解だったために気を遣わせてしまった。



連れて行ってくれた韓流薬膳中心のレストランは美味しくて、かつ打ち合わせや相互理解も上出来で譜面も渡せて未来が楽しみになった次第。

ホテルグレードアップの一環でいわゆる電子マネー千円分などもついて来たので水分などを買い込みホテルに戻ると23時。

お疲れさま。中身は濃いが、移動に無駄な時間の多くを費やした一日であった。

プライベートジェットとヘリが欲しい。高須クリニック。

2017年12月14日木曜日

ソウル、香港へ



自営業は地元のルーティンワークのみでは将来に不安が多く、故に日本のみならずアジア諸国のチャンスや関係を自らの(少々無理のある)コミュニケーション力で繋いで行かねばなりません。ただでさえ移動するには無駄な時間が多くどさ廻っているより出来れば地元での活躍が良いのですが、お笑い界よろしく多様化はとても良いのもののまだまだまだまだ上は詰まっているもので大変です。

待っていれば仕事がくるなど20年早いでしょうか。とにかく可能な間を見付けて自ら動きます。
これにはLCCもマイルも非常な助けとなるのです。行きは格安ピーチの五千円、帰りはマイル利用アシアナ航空ですわ。



怒濤の年末の中、この週末にソウルに渡り、現地奏者と近未来のコンサートの打ち合わせ、並びに日本人4人でのライブコンサートでリコーダーの演奏をします。
また機内からご報告を。
このくそ寒い中、更にポリティカルに不安定な中、更に北に向かうのですから風邪でもひいて情勢が変わればもうお会いする事もないでしょうw



更に、再来週のクリスマス前後は横浜へ。東京、成田から(マイルで)香港に渡り、リコーダー奏者と会食と消費税無きセールと食を楽しみます。
ここは特別区ながらどんどん大陸に浸食され思想的に変化のまっただ中ですが気候は沖縄以南ですから気が楽です。


年末は日本でゆっくりと過ごします。
お正月は日本に限りますよ。


2017年12月12日火曜日

グロテスク



グロテスクな内容につき、以下駄目な方はご拝読戴かないよう。








本日の朝、JR西宮駅にての出来事でした。






神戸方面での仕事のために肌寒いプラットホームにて乗りそびれた列車を
待っておりました。



異常に多いカラスを不思議に思いつつですね。
尋常ではない数のカラスがレールの上をひたすら塞ぐ訳です。



昨日ツイッターで確かに見た記事に、この駅での人身事故があったことを思い出し、
ゾッとしたわけです。

2017年12月10日日曜日

詐欺被害の手前



先日、ある大手新聞社の勧誘員?が来て、前の新聞を辞めた後にうちと契約する事になっていますね〜なる要件。そのロジック自体が理解出来ないが、そうだったっけなぁ〜となる人もいるのかもしれないだろうから新手の詐欺の誕生だろう。

そもそも取っていた小型の新聞自体が廃刊になったからそのまま新聞を辞めた次第だ。
ましてや他の新聞社を取りますよ契約など思想的にあろうはずも無いだろう。

書類を見て失笑してしまった。
全く見た事の無い文字でご丁寧に住所、電話番号にサインまでしてあるではないか。
その書類の写真を撮らせろ、と一旦取り上げて写真を撮影。筆跡が笑える程に異なる。
実は私自身、誰も書かないように字体をある部分全く逆に記す方法を高校生の時からしているのだった。教師なら間違いだと言い退けるだろう。存外役に立つもの。

「実に怖いですね、私達の文字では無い。あぁ怖い、こんな事が大手の新聞社にあるのですね、怖い怖い、ご苦労様、あなたも騙されているのかもね〜」とひたすら冷静に言い続けた次第。実際に大手新聞社が偽造書類を作成している事になる。まぁそこそこで帰って行ったがこういう事があるのですね。


良い機会で消費者庁のHPを閲覧したら新手の詐欺の数に驚いた。
みなさまも決して押されないようにして下さい。
香港の商人のようになんやらの言葉攻めで圧倒してきます(経験談)が、断じてそういう事実は無いと言えば良いでしょう。けんか腰はアホらしい事です、驚いて冷静に。


偽造文書作成を平然とやらかして勧誘を装うのが大手新聞社なんて事自体が随分世知辛いものです。

2017年12月7日木曜日

新設 船場リコーダー倶楽部アンサンブル教室



先行予告ですが、

2018年4月から12月まで計9回、「第3火曜の13時半から15時まで」の90分、大阪市中央区は南船場にて「船場リコーダー倶楽部」を開設します。

月に一度、長堀橋駅近辺のスタジオにてアンサンブルをお楽しみ戴けるようい鋭意準備中です。
指導は私が行います。
ご参加はリコーダーの運指をご理解戴いている方に限ります。



どうかキャンセルはご勘弁戴き、ご興味がありの場合は「私」にお問い合わせ下さい。



shigeru515monteverdi@yahoo.co.jp
タイトル:「船場リコーダー教室の件」


随時お返事可能な場合には致します。

8名で募集を停止致しますのでご了承下さい。

以上、先行予告でした。

2017年12月5日火曜日

休日と教材研究



実にありがたい事で、この家業でこの国で生きていくのに休日などはあるはずもなく、敢えて体調や自律神経を休めるために数ヶ月に一度、何もしない一日を作る事があります。今日がそれ。



で、銀行の用事(この御時世、あの金利で公的資金投入の過去も忘れたのかまさかの手数料を値上げする等の情報に驚愕!)や眼鏡の調整やらに自転車で。

眼鏡市場さんの「ゼログラ」というモノをかけているのですが、調整を頼むと、ネジから鼻あてなどを取り替えてくれて、0円でした。銀行とえらく違いますね。


久しぶりに大型書店に出向くと、とにかく縮小さらており、更に南側にあったカフェも廃止されていて寂しい限り。学術書はペーパーであって欲しいと思います。


気になっていた歌謡楽曲の楽譜を探し当て(自費で)購入。
帰宅して、ひっさしぶりに手書きでパート譜を作成した次第。
ほとんどの専門教本は「現在」の楽曲にマッチしておらず、こういうものをこしらえて授業で使うので先生は色々大変です。


しかし、たまには休むものですね〜


2017年12月1日金曜日

建設的展開 三題




先般、出来立ての京芸リコーダーアンサンブルクラブが大学の主催する催しに推薦され、学長室でミニコンサートを行いました。私は控えて出席しませんでしたが、他の教員や職員、学生などが集まり、この大学でのリコーダーへの認知が少し上がったようで嬉しく思います。

その放課後には私のお稽古の時間。
普段はオケなどの授業がある木管や打楽器等の学生が中心のため、第二専門楽器的感覚ながらも程よい緊張感や専門用語の応酬で、軽い叱責も可能ゆえに音楽の質を高めて行く事が容易で充実した時間となりました。月末の演奏会が楽しみです。



さて、今日の昼は台湾の友人が来日。3月に招聘されているフェスの詳細と未来への会合。先方がプロのマネージャーを帯同して来て3時間弱に及び会議をしました。
実に建設的で、いわゆる経営のプロがいる事で未来に光明をみた感じです。



音楽ではプロであっても経営はずぶの素人という人が多く、結局は「縁が切れる事」があります。少し食い違っていた感も否めない私の意見と今回で一致をみました。何よりです。



また、今夕はリサイタルにはほぼ演奏して戴いている友人とも夜に会食。

一年をかけて「イタリアバロックの作品集」のリサイタルを慣行する準備をする方向で打ち合わせ。コレッリ、ヴェラチーニ、ジェミニアーニ等を予定。
リコーダー、バロックチェロ、テオルボ、チェンバロで、恐らく19年の春に私のリサイタルをする方向です。ご記憶下さいませw