動画(Youtube)

Loading...

2018年1月21日日曜日

発表会と手前の老化




先般、普段に個人のお稽古にいらしていて、その成果を舞台で演奏をするという場となる個人発表会を行いました。
中央区の島之内教会はバランスと音響がずば抜けているので在阪のリコーダー演奏者では有名な場所です。実はバランスこそが非常に重要なファクターなのでした。


今回は通奏低音楽器はチェンバロに加えフランスはガルニエ製のオルガンも登場。
ついで「受験生応援枠」を新設、音楽系の受験を控えたピアノとリコーダーの高校生達も登場しました。
若い人を育てるのは大人の責務であり、ストイックに演奏を行う私の近辺の大人の方々の理解も一助となりました。

いわゆるプロとして生徒さんを持つ「先生枠」にも三名。毎年努力の痕跡をしっかり残します。これも「あなたの演奏を聴きたい」と思っている方がいるとすれば各々が責任をしょっているという高い意識に対して素晴らしい事かもしれません。





100%盛期〜後期バロック音楽で構成された演目の最後がピアノと初期のリコーダーソロ演奏でしたが、演奏を終えた方々がその受験生の演奏を熱心にお聴き下さり、それが良い緊張感を生み出していました。今回は独特の発表会ではありましたが鍵盤楽器の音楽史を辿る良い機会だったとも言えましょう。


何より演者の方々の作品に対する想いは相当なものでした。
我が生徒さんを褒めるのも手前味噌ながら、年齢は関係無く、例えば吹き散らかす事や己の虚栄心とは無縁にひたすら楽曲を音色と共に表現しようとされる皆さんの演奏には頭が下がりました。これは各々の士気の高さを意味していて非常に品格の高い事かと思います。


おかげさまで見守る当方はクタクタです。
通奏低音こそベテランに任せていて何ら心配ないものの、全く気が抜けない数時間というのがひ弱な初老には応えました。昔はむげに楽しかったものですが、心配などこそ無いものの、やはり勝手に神経が全身を硬直させます。眼精疲労、声は出なくなり、常に不安定な精神状態が年々キツくなります。

という訳で写真の一枚も残っておりません。
いずれにせよ次回を開催する気持ちにさせて下さるか、楽しみです。



2018年1月19日金曜日

不幸中の親切



今年は既に何かとついていない。
愛車の全面ガラスの驚きの修理費用に続き、駐車場問題が起きた。おかげで低体温症。
インフルよりはマシだが寒いのか熱いのか不明になる始末。


さて、我が家には二台の営業車が存在し、その一台は隣舗のお宅の「ご好意に甘えながら」長年駐車させて頂いてきた。
その方がついに近日引っ越す旨。それに際し、急な出庫?を要求された次第。


今までのご好意に感謝するものの、すわ行動に移さなければならない。
営業車と言えども財産に間違いないし、車は身体の一部であり大切な保有物である。
車を保有する事で国や自治体等に納めている税金は計り知れない。

非保有者にも感謝して戴きたい程に宅配便が早く届く道路は我々が納めている税金に加えて納める高速道路料金、ガソリン税等、そのもののおかげであるのだから。
おまけにそのガソリン税に対する重税になる消費税が課される事を憲法としての問題ともしていない。おとなしい国民なこと。

閑話休題


18時30分にそれがわかり、(目星をつけていた徒歩3分程の地区の)「空きあります」の貸し駐車場にすぐに出向き、そこの看板に記載されていた番号に電話をした。
(何かと19時まで、が多い国なので。)



多分、地主さん直営なのか、いわゆる不動産屋がかんでおらずその家主さんに電話連絡。



幸い、一台に対する相対的な面積が相当広い、しかもど真ん中が「今」からどうぞ、来月からの支払いで良いですよ〜車庫証明も出しますし、という大変親切な対応をされた。
しかも通常嫌がられる「2台どちらを止めても良い」旨!
前記、不動産屋の手数料や契約書も無し。この2月の残り10日程無料で信用取引きとなった。


毎月に駐車場の無駄な価格がかかり、いつまでも楽にならない現代。
坂道に住むと、土地の改造もままならず、思わぬ今後の勉強になった。変にフェンスなどあった所で泥棒は入るだろうし最近はオープンスペースの住宅が多い訳だ。

我が仕事は増える一方だろうが、非常に親切で粋な計らいの家主さんに心が救われた次第で安堵している。




世の中、住宅地に土地を持って活用出来る人が羨ましい限りです。


2018年1月16日火曜日

しょ〜もな〜



バイト講師の授業営業期間が終了。おかげで少し自分の時間が出来ました。自由業の良い面ですね。次は4月です。


でもって、通常タイトな戦争映画には出向くものの、今日は事実に基づくかどうかは別のお話しの映画に(タイトルにつられ)行って来ました。まぁ娯楽としてはありです。



本来のシールズはそんな事は無いですし、まぁそもそもがヨーロッパ映画でたくさんの?でした。お客はおじいちゃんが20人程。。


で、小さいハナシの続編。以前記したアンダーパンツがイズミヤで一枚800円!
普段2千円越えのものですよ。しっかり3枚購入しました〜。

2018年1月13日土曜日



この20日(土)に大阪市中央区は「島之内教会」に於いて、13時30分から当方の生徒さんの個人演奏の発表会を開催致します。ひたすらリコーダーと通奏低音のための楽曲(a=415Hz)が続きますが、個々に特徴を生かした演奏をされる筈ですので楽しみです。





2018年1月6日土曜日

新年早々に




何と言うか、小さいハナシかもしれませんが、


年末に愛車のフロントガラスにヒビを見つけたため、新年の営業日に相談に行きました。
見積もりが出てその額たるや20万円!!雨天感知センサーなどが入っているのでただのガラスではないのですね。

全くこちらは被害を受けただけで肝心の車輛保険は適用されないし。
まぁ地震保険の火災のようなもの。
理不尽にも絶対に直さなければなりませんからいらぬ出費です。



一方の二号車はスタッドレスに履き替えであらゆる地域の仕事にも適応させます。
特に今年は寒いので辿り着けない、帰り着けない、ではプロ失格。

これはラッキーで幅を1センチ縮める作戦で、しかもなぜかオートバックスの30%オフ期間で4本で4万円代。これはありですね。


で、小さ過ぎるハナシ。
あるイオンに立ち寄った5日。大げさに下着が10%、衣類が20%割引という札をみて、なるほど冬物一掃なんやと色々手に取りレジに行くと
「セールは明日からですが良かったですか?」
「・・・・・未来完了現在形?」

では、すいません、やめておきます。



で、6日に出掛けてリベンジ!
全品を割引でゲットした次第。やはり二割引は大きいですね。


腹に手術痕がありまだ痛むため、パンツのあのゴムが一般のものは駄目なのです。


あぁ小さな世界。
でも同商品のリベンジは良かったかと思います。


2017年12月28日木曜日

変わりゆく都市



復路の機内にて時間があるので記載中。


帰路はLCCの香港エクスプレス航空なのだ。
往路はマイルの特典でブルジョアなビジネススイート(成田発)だったのだが、復路を関西行きのANAでマイル特典予約を取り出したら身内一人の時点で席が埋まってしまったという事実。

で、香港から片道を私は(大手ではほぼ往復の価格がかかるため、)この春にも利用した比較的綺麗で新しい香港ベースのこの便にしたというわけだ。

ANAより半時間早く出発し、到着し、関空でしばらく待って落ち合う。抜かれたりして。






今日の最終日は移動帰国のみ。
ホテルを11時前に出てタクシーでエアポートエクスプレス駅に。
タクシーもどちらかと言えば親切で荷物を降ろしてくれてバイバイと言ってくれる。
で、九龍駅でシティチェックインを済ませれば荷物は運ばないで済むから非常に便利。
なぜ日本(特に関西)はこういうところはうまく行かないのかと思う。列車と飛行機が近いのは良い。


私はLCCなのでANAに両方預けてしまう。
ANAはビジネスクラスなので関空で優先に出て来るわけだ。

6分も待てば列車が来てしかもガラガラ。こちらも手荷物のみになっているので楽。
車内にはUSBポートやWi-Fiも完備されていて快適。
日本には選択肢があるがここまでのサービスがあるのだろうか。

空港で列車を出ればカウンターを経て同じフロアで荷物検査とイミグレになる。
非常に簡潔。階段など無い。しかも広いが列が出来ずにまた快適。
関空や仁川は劣悪だったので香港の空港の完成度を痛感する。さすがのアジアの最高峰な国際都市だと思った。

制限区域内に入ってカフェでランチ。程なく別れて私はLCCらしい、どえらい遠いビルの最先端のゲート201番に向かう。大空港で地下移動列車で二駅も移動。

ほとんどがLCCのために作られたであろう最新の施設はありがたいが、まぁこの歳でこういうのって自営業らしいと思った。ビジネスマンは皆無。
彼らはJALやANAでしょう。イミグレの後にすぐにゲートがある。しかし、少なくとも空港の深層を知るにはこれも楽しい。
で、日本語のアナウンス等は無いので言葉が苦手な人にはお勧め出来ない。


さて、この飛行機。一人通路を挟んで同じく自営業か節約社長らしき日本人が座ってるが機内はほぼほぼ香港人かと思う。

まぁ飛んでからは思わないが先ほどまでは馬鹿でかい声の会話や隣の大丈夫か心配になるほどのいちゃつくカップルに若干引いた。ひたすらイヤホンで音楽を聴いておいた。丁度古楽の特集をした雑誌を購入して持参していたのでお勉強しながら飛んで来れた。


年末年始の日本などに行ってどうするのか聞いてみたい。香港の店は大抵は22時半~23時までは開店しているので、日本の普通のお店の21時閉店などの常識ぶりには戸惑うだろうと思う。もしかしたら日本人の知らない何らかの情報はあるのかも知れない。



さて、3時間半で関空に着くが今回の香港の総括。


24日はえぐい人で半島先端のハーバー付近には怖い程の人で賑わう。本当にえぐい。
25日は祝日でその8割ほどになるが真っ直ぐは歩けない。
26日はボクシングデーという祝日らしい。経営側が従業員を休ませボックスに入ったプレゼントを渡すのが由来だそうだ。

と言う事で何も知らないで例えばイヴの夕方以降に日本から来ました、なんて事をすると想像を絶する時間を要して簡単にはホテルに辿り着けないという事に。
まぁ当分は控えよう。確か既に記載したが、人の多さによる広東語なりが耳に非常に悪い。多分難聴になるだろう。

以前に比べて香港人に笑顔が増えた気がするのは経済の円滑さの証拠かと思う。
マセラッティなどの高級車がバンバン走っているし。

食事は間違いない。
逆にネイザンロード等にあった看板類に圧倒されたのは昔で、現在はシンガポールのように綺麗になってしまった。

排気ガスやPMによる空気はえげつなく悪く一週間は無理だと感じる。グーグルから空気が危険レベルとの通知が来る位にだ。

どの宝石店にも中国人らしき家族連れがおり、身なりはハウスウエア。楽しそうなのは何よりだ。



日本人などは壊滅したほどいない。
インド人の「社長、偽物時計あるよ」は場所を広げて活躍している。

少なくとも何かと楽しい町に変わりはないものの、非常に体力と聴力に疲労感がつのる。

で、機内1番に座っているがずっとトイレの匂いがしている。ここまで来ると早く愛犬に会いたい。

あと二時間十五分の我慢だ。
やはりLCC、シート自体のクオリティが悪いので座り心地が悪い。



@到着した。ドトールで身内待ち。店員の機嫌がすこぶる悪いのが興味深い。まるで他国だ。
先日まで税関でもパスポートをスキャンされたが今日は簡単に記入した紙を渡すのみ。コロコロ変わる。

何より日本人の少なさに驚く最近だが、これに出国税などという阿呆の考えそうな馬鹿げた税金を課したらますます出なくなるのではないか。
日本人の少なさはここ最近の帰国時の再入国ですぐにわかる。とにかく誰も並んでいないのでせっかく自動登録したのに機械の方が時間がかかる始末。



香港訪問は英国留学中に寄港してからもう10回程で30年になるが、ホテル日航香港も無くなったし、何より免税であろうがフェラガモやヴィトンを購入する意欲も今は昔なのかもしれない。寂しいやら余裕が無いやらより、移動欲等、興味が無くなる事が国力の低下に繋がるとは言い過ぎなのか。